「Seymour duncan SLS」タグのついた投稿

Stevie Ray Vaughanの愛機に”Chaley”というストラトがあるのは有名な話です。SRVのご友人が彼のために作ったハードテイルストラトでなんといってもLip Stickピックアップがアクセントになった外観が印象的です。もちろん音も・・・このギターを作ったチャーリーさんのためにSRVが作った名曲「Life Without You」でその音が聴けます。

You Tubeでも見れます。⇓

 

こちらは別の曲Love Struck Babyかな?⇓

私はSRVが大好きなのでこのギターにももちろん興味アリ。特にポイントになっている「Lip Stick ピックアップ」が気になっていました。口紅のケースを流用したカバーが外観上の強いアクセントになって、どんなストラトに搭載してもすぐに「あいつ、レイヴォーン好きだな」とばれてしまう・・・。憧れのギタリストと同じギターを持っていると恥ずかしかったりするものですが、居直り型ギタリストのワタクシは「SRV好きですが、何か?」と居直ってしまえるので問題ありません。先に話題にさせてもらったイングヴェイのキャンディアップルレッドもそうですが、「見た目第一」でもあります。勿論音も大事ですが、音や演奏性など楽器としての能力はどんなギターでも守備範囲が結構広く重複するので、弾き始めてしまえばどんなギターでも楽しめちゃったりします。でも、「外見」が気に入らなかったら・・・「憧れのギター」にはならないです。

そんなわけで、Lip Stickのルックスに惹かれていたところだったのですが・・・これまでその音を生で体験する機会はありませんでした。

そしてようやく体験する機会を得ました。

(さらに…)

広告