「L-5CES」タグのついた投稿

daddario_ej22a

「JAZZ弦と言えばフラットワウンド」というイメージがあるかもしれません。私も漠然とそう思っていました。でも最近はそうでもないようです。アメリカのアーティストはラウンドワウンド弦が主流らしいです。以下のサイトでJAZZギタリストの弦についてのレポートがあります。とても興味深い内容です。

http://blog.yasuhisakogawa.com/2013/02/blog-post.html

Jazzの方々は1弦014とかの方も多いみたいですが、低音弦は056位まででそれ以上の太さはあまりいないみたいです。この辺もHeavy Bottomがある程度普及しているロックと異なるところです。

ここ数年、アーチトップギターもさわるようになって、JAZZギターにも多少なりとも興味を持てきています。もっともアーチトップギターは音よりも見た目で惚れ込んでいる部分が強く、ホンマモンのJAZZの方が私の演奏を見たら吹き出してしまうかも…

で、Guitar8のL-5CESに使っている弦がEJ22です。これまで紹介してきたEXLシリーズと材質は同じようで、違いは3弦がワウンドであること。「Medium」とはいっても1弦013でロックギターのそれとはまったく常識が異なる太いゲージになっています。1弦が012のセットで「Jazz Light」というのもあり、そっちの方もJAZZでよく使われているみたいです。アコギ弦とゲージの表示が同じ感じですが、この辺の背景が気になります。

音ですが、L-5CESで使っている限りにおいてはJAZZの丸い柔らかいイメージよりももっときらびやかな感じで、(17inchの単板フルアコボディなので当然ですが)生音で弾き語りができるくらいの大きな音が出ます。そのまま録音しても良いくらい。弾き方によって表情も豊かに変化します。私の弾き方だと基本的にきらびやかな感じにはなりますが、JAZZ特有の丸い、柔らかい音も弾き方次第で出せて面白いです。ワウンド弦の擦過音はJAZZの人にとっては好き嫌いが分かれるところかもしれませんが、私はギターの味だと思っていて気になりません。

L-5CES+EJ22(Guitar8参照)の組み合わせはアコースティックギターとしてもイケます。というか、そもそもフルアコは私の持つエレキのイメージとはかなり異なるギターですね。歴史の重みのようなものも感じますし、ソリッドギターでハードロックばかりやってきた私としては新鮮なものも感じます。やはり生鳴りが大事な楽器なので、弦も太めにして大きな振動が得られるのがベストだと思います。仮に011~の弦を張った場合は013ほど生音が気持ち良いと思わないかもしれません。あくまで推測ですが。

そういえばJoePassはアルバムVituosoの演奏は生音で録音していたそうです。どんな弦だったんでしょうか…

広告

現在のギブソンのギターの中では最高峰に入るフルアコ L-5CESです。お値段も泣きたくなる位で、購入するときは清水の舞台から飛び降りるような気持でした。でも買って良かった。

L52←「大人のギター」

ギブソンフルアコはロックの人にはなじみが少ないと思います。YesのSteve HoweがES-175を、Ted NugentがByrdlandを使っているくらいです。JAZZギターのイメージですよね。でも、これでブルーズやったり、ソロギターってのもいい!アンプを通しても気持ち良い音ですが、生音もとてもきれいです。ES-335や330もここで紹介していますが、何しろ「fホール」が好き。クラッシックなルックスも最高です。ほとんどフェチです。

L-5といえばWes Montgomery。私はロックが中心のスタイルですが、実はWes Montgomeryも大好きで、楽譜買ってThe Days of Wine And Rosesなんかを練習しました。完コピまではしてないのですが…そういえばStevie Ray VaughanもWesがお気に入りだったそうです。ロックやブルーズの人にも影響を与えているJAZZギタリストNo.1なんではないでしょうか。L5head←さすがに最高峰、ゴージャスな装飾。

L-5CESは何しろ高価なので、「オール単板でバリトラ」とか、「かぎられた熟練職人が作っている」とか、「年間十数本しか制作していない」とか、そういう話が先に来て、実際の弾き心地とかあまり情報がありません。敷居が高すぎるイメージで損をしている面もあるんじゃないでしょうか。私も店で試すまでは「憧れのギターだけど買うことはないだろう」と思っていましたが、恐れつつも試奏して楽器としての良さを認識しました。

ギブソンでは珍しいレギュラースケールであるにもかかわらず、このギターめちゃくちゃ弾きやすいです。ストレッチコードもミディアムスケールの335や330より押さえやすいのです。バランスが飛びぬけて良いのでしょうか。また、生音もさすがに全単板だからでしょうか、そのまま弾き語りしても良いくらいの音量があり、音色もアンプを通さずにもレコーディングしても良いくらい気持ちの良い音です。もちろんアンプからの出音も最高です。でも「エレキ」という言葉は似合わない感じ。ちゃんと「エレクトリックアーチトップ」とか言わないといけないような感じがします。やっぱり敷居が高いか…大人のギターです。

57classic←ギブソン箱物定番PU,57Classic

弦はダダリオEJ22 JAZZ MEDIUMを張っています。1弦013、6弦056で3弦はワウンド弦。ロックギターの常識では超ヘヴィですが、「JAZZ MEDIUM」。

daddario_ej22a

JAZZではフラットワウンドを使う人も多いと聞いていたので、フラットワウンドも試したのですが、私はラウンドワウンドの方が好みでした。フラットワウンドの方が落ち着いた音で、弦を擦る音が小さいのも良いとは思うのですが、私としてはもっときらびやかな感じもほしいし、弦を擦る音もギターの声の一部でないとさみしい…という感覚がありました。最初にお店で試奏したときもラウンドワウンドがはってありましたが、フラットワウンドだったら、「敷居の高いギター」の認識のままで購入はしなかったかな?でも、最近JAZZで使われる弦について調べてたら、最近のJAZZシーンでは結構ラウンドワウンド派が多いという話がありました。やっぱラウンドワウンドでしょ!