「Fender Namm Stratocaster」タグのついた投稿

アルミニウムボディのストラト。

アルミニウムボディのストラト。

メンテナンスでお預かりしたアルミボディのストラト。非常に珍しいギターなので持ち主様に許可をいただいてレポさせていただくことになりました。

裏側。バックパネルもアルミ。

裏側。バックパネルもアルミ。

ユニオンジャックを思わせる配色のペイント。ボディのみならず、ピックガードやバックパネルもアルミニウム製で同様のペイントがされています。

ユニオンジャックを思わせる配色のペイント。ボディのみならず、ピックガードやバックパネルもアルミニウム製で同様のペイントがされています。

トレモロを外し、裏側から見ると・・・。

トレモロを外し、裏側から見ると・・・。

組み込んだ状態。バックパネルを開けるとピックガード裏のPUが見えます。

組み込んだ状態。バックパネルを開けるとピックガード裏のPUが見えます。トレモロは当時のアメスタなどに搭載されていたオフセットサドルの2点支持タイプ。

内部は大部分が空洞。

内部は大部分が空洞。

アルミのソリッドボディではなく、内部が空洞の構造。ネックポケットのネックが乗る部分もアルミ製ですが、これはボディ中央ネックポケットからボディエンドまでに至る筐体と一体となっているようです(削り出し?)。この筐体にボディ、ピックガード、トレモロアンカーが固定されています。

ピックアップはLace Sensor3発。

ピックアップはLace Sensor3発。

調べたところ1998年製で、12本製作されたうちの一本目。メイプルネック、ローズ指板、ジャンボフレット、PUはLace Sensorが3発。フロントのみLace Sensorのロゴが入っていますが、当時はFender Lace Sensorがあったので、交換されているのかもしれません。センターとリアはロゴはないですが、裏から見るとLace Sensorだと分かります。普通のストラトは弦アースがトレモロハンガーからとっていますが、アルミボディなのであえて配線してないのかな?

音の方はやはり通常のストラトとは違った個性的な音で、アルミの雰囲気が感じられます。何しろ空洞部分が多い構造なので箱鳴りのような感触もありますが、アルミボディのためか、フルアコなんかとは全く感触は違っていて面白いです。ビグスビーを載せたギターの音が好きな方やリゾネーターギターが好きな方にはマッチしそうです。

サウンドチェックもしてみました。

動画だとわかりにくいかと思いますが、倍音の出方なんかがアルミな感じでしょうか。リップスティックPUに替えると面白そう。

これに付け替えてみたい・・・

これに付け替えてみたい・・・

 

 

広告