「D’Addario EXL148」タグのついた投稿

実験用 兼 へビィゲージお試し用ストラト”Lennyもどき君” の動画を撮影。売り物ではないのでクリーン、クランチを別動画にすることにはこだわらず一本の動画にしています。基本はクランチセッティングで、いつもの通り途中でゲインブースターをOn。音色の調整はボリュームで。

 

 

 

広告

Strings 6 : D’Addario EXL148

Posted: 2013年8月7日 カテゴリー: Strings
タグ:, , ,

exl148

現在私がストラトに張っている弦です。導入して3年くらいになります。パッケージの表示はEXTRA HEAVYですが、実質はこれの前に使用していたEXL145(Strings 5参照)のHeavy Bottom版です。ゲージは1弦から012,016,020,034,046,060で、導入前は「6弦060」という数字にビビっていましたが、かのSRVも6弦は058とか060だったというし、ほとんど同じだからOK!と無理に納得して試しました。本当は2~5弦はSRVよりも太い上、SRVは半音下げなので、実質SRVのギターを軽く上回るテンションがネックにかかるというトンデモナイ弦だったのですが…。しばらく弾かない場合は弦を少し緩めることに注意して使っています。

ストラトでの音の印象ですが、1~6弦までしっかりとした張りのあるトーンで中低域は普通のゲージに比べより充実しています。高音成分も削られることなく広いレンジで鳴ります。音量があるためか、ゲインをそれほど上げなくてもきれいにクランチしますが、そのため、ボリューム操作やピッキングの強弱によるゲインコントロールの幅があり、アンプやエフェクターでゲインを稼がなくても、しっかりドライブもさせられ、かつボリューム絞ってのクリーンもきれいです。ボリュームを絞って弱く弾いた場合でも音の余韻がしっかり感じられます。ここまではEXL145と同様ですが、特筆は6弦で激しくパンチング(つまみあげて指板に叩きつける。スラップのPULLのような奏法)がベースに近い迫力が得られます。

弾き心地ですが、1弦009や010のゲージからEXL148に変えた場合、弾きこなすのはまず無理です。1弦011のセットをクリアしてからでもだいぶ練習が必要だと思います。私はEXL148導入して3年くらいで、その前にEXL145から数えると5年以上1弦012ですが、まだ1弦21Fの1音半チョーキングがうまくできません。低音弦の方も4弦、5弦の人差し指チョーキングは半音くらいが精いっぱいです。

EJST

2006年製エリックジョンソンストラト。50年代タイプのメイプルネックストラトがほしくて、いろいろ試した中から選んだギター。

exl148

弦はダダリオEXL148を張っています。

元々フルオリジナルでも気持ちよい音だったのですが、カスタムショップストラト(Guitar1のレポート参照)のパーツ交換で味をしめ、こちらもならった部品に交換しました。サドルはチタン、トレモロスプリングはRawVintage、アームはAllPartsの交換用で普通のスチール製とステンレス製を併用しています。

EJSTStringRetainer

オリジナルはストリングリテイナー無しですが、音程によってはナットとペッグの間の1弦が共鳴してしまうことがあったのと、見た目がさびしいので後付けしました。ナットは牛骨で何度か交換しています。

このギターのピックアップはエリックジョンソン自身が監修したものだそうですが、揺れ系のエフェクトののりがよいのと、ファズとの相性が良いと感じています。エリックジョンソンのようにエフェクターを多彩に使って音を作る人には向いている楽器だと思います。

↓このギターの音です。最初はクリーン、次にBlackStarDS2のクランチチャンネル、最後にドライブチャンネルです。それぞれピックアップポジションをneck→neck+middle→middle→middle+bridge→bridgeの順に切り替えていっています。

↓こちらの動画では常時Drive Onでボリューム操作でクリーン、クランチを作っています。

2014.2.22追記

レリック加工を施しました。↓

EJStRelic④

EJStRelic③