「collings archtop」タグのついた投稿

先日、アコギで有名なCollingsのArch Topギターを2本拝見させていただきました。持ち主のIさんはうちでもフルアコを一本ご購入していただいているのですが、良い楽器に目がない方で、今回のcollingsもうわさ通りの非常に質の高い楽器でした。

まず一本目はES-335風のセミアコ、型番はおそらく「 I-35LC Faded Cherry」でしょうか。

Collings セミアコ I-35LC

Collings セミアコ I-35LC

スリムでスマートな印象の外見ですが、ボディはギブソンよりも少し小さめで、ネックは少し長めになっているそうです。このバランスがまず美しいと思います。ボディ委が小さめのセミアコは本家ギブソンや日本のFujigenの物がありますが、何しろ335の外見に印象が刷り込まれているので若干ずんぐりした印象を持ちます。一昨年ギブソンが発表したES-390はミニハムを載せていて良い感じの外観バランスでしたが、collingsはその上で335のイメージで見てもそれほど違和感がありませんでした。fホールも少し細くデザインされていたり、ネックのバインディングがないなど、よくみると335とは結構違いますが、それもこの見た目のバランスの良さに一役買っているのかも。

音の方ですがさすがにフラットップで名をはせているcollingsだけあって生鳴り自体が気持ち良いです。最初に弾かせていただいた時は中域の感じが自分が持っているヒスコレに近いように思いました。ちょうどお店に持ってきていたので比べたところ中域は似ていました。私の335は10本近くの同モデルを弾き比べてピッキングのニュアンスの表現幅が一番広いのを選んだのですが、こちらのcollingsも同様で弾いていて楽しそうなギターでした。一方、低域・高域についてはcollingsの方が整理されていて上品です。ただ、中域の反応が良いので弾き手次第で多彩な音を出せそうです。私の335はこの辺りかなり暴れん坊でした(笑)。

そして、次に拝見させていただいたフルアコでさらにcollingsの実力を目の当たりにしました。

collings Eastside LC

collings Eastside LC

こちらは合板仕様のフルアコ。やはり外観のつくりは大変きれいでほれぼれします。この手のギターは装飾で美しく見せているのも多いですがこちらはバインディングやインレイなどの装飾は最低限です。音のことも考えてのことなのでしょうか?ただ、ピックガード、テールピース、ブリッジなどはエボニー製で丁寧に仕上げられています。

驚いたのは音。生音・指弾きでは合板よりも単板の楽器のような印象を受けました。アタックが早めでピッキングのニュアンスをよく再現してくれます。親指でコードを弾き下ろした感じも「アコギ」な感覚があります。こういったギターではあまりやらないかもですが、じゃかじゃかストロークした場合は合板らしく少しコンプがかかったというか程よく抑えられた音になります。よくできてます。

さらに驚かされたのはピッチの気持ちよさ。写真の通りブリッジは一般的にはピッチに妥協が必要なバータイプですが、なぜかピッチの気持ち悪いポジションがありません。なぜなのだ!と叫びたくなるほど気持ちの良いピッチ。不思議・・・。I-35LCの方と同じくこちらも弦長がギブソンより長めなのかな?

ボディは薄目なのでギブソンのギターに当てはめるとES-175よりは150に近い感じでしょうか?全然違うか・・・

ギブソンは「ピッチが甘め」とよく言われますが、つくりの精度以外に弦長による違いも要因だと思います。事実ギブソンでは珍しいレギュラースケールのL-5CESは太い弦を張っても弾きやすいのですが、それは他のギブソンギターに比べてピッチの良さがあるためかもしれません。もっともL-5CESはABRブリッジでオクターブ調整が精密にできますし、やはりバーブリッジでピッチの気持ちよさを出しているcollingsはすごいです。

ほしいぞcollings!でも高いぞ!

Iさん、貴重なギターを見せていただきありがとうございました!

 

広告