「Bigsby B3」タグのついた投稿

以前にもテレキャスで比較してみた「Bigsbyによる音の違い」、今日は下写真の日本製のCASINOで試してみました。

同じくElitist CASINO、後付けのBigsby B3。

同じくElitist CASINO、後付けのBigsby B3。

Elitist CASINOノーマル(ビグスビーなし)

Elitist CASINOノーマル(ビグスビーなし)

比べてみて大まかに以下のように感じました。

①Bigsbyを載せている方が低音が豊か。一方高域のキラキラした感じはノーマルの方が出ている。

➁Bigsbyを載せている方が若干サステインが弱い。

③生音の音量はノーマルの方が少し大きい

④Bigsby B7での比較(以前ES-330で比較したことがあります。)に比べると差は小さい

という感じです。今回はB3を使用していますが、B7程サウンドの変化はない印象です。

動画も撮ってみました。まずはクリーン。

次に少し歪ませた音。ロングトーン中心に弾いています。

極端な差は出ていませんが高域の出方なんかはよく聴くと分かると思います。低域の出方は正直なところ実際に弾いたときほどの差が動画からは感じ取れないのですが、それでもじっくり聴くと差があります。サステインはアンプを通した音量では元々フィードバックしやすいギターでもあるのでBigsby B3の方でも音は伸びていてそんなに差は感じませんでしたが、生音だとノーマルの方が長く感じました。

B3はボディトップに穴を空けずに取り付けられる「より簡易的なBigsby」という印象で、ボディトップを加工したくない場合や簡単にほぼ元に戻せる(ストラップピン回りにネジ穴が残る)のが魅力ですが、「B7を載せたときのよりも控えめの変化」を望む場合なんかにも良さそうです。Bigsbyならではの緩やかなビブラートはB3でも堪能できますし、テンションバーがない分チューニングの狂いは少なそう。でも構造上ブリッジに掛かっているテンションが弱く、1弦などは指で強く引っ張り上げるようなピッキングをしたりチョーキングしたりするとブリッジの駒から弦が外れてしまいやすいので、その辺を踏まえて弾かないとイカンですね。もっとも慣れている方は演奏中に弦が駒から外れても何事もなかったようにさらりと直してしまうのかも・・・ByrdlandでロックをやっているTed Nugentのように。

広告

8月に入ってから風邪なのか何なのか喉があれていて体もだるい日々が続いていました。今週はお店の夏休みを3日入れていたのですが、療養に時間を使ってしまいもったいない。来年はしっかり遊びにいきたい・・・。そして昨日から社会復帰。これからデビューの子たちのメンテしてます。

そういえば今月はあまりギターを出品していませんでした。お盆休み明けてからぼちぼち出品予定です。

ようやく弦を張るところまできました・・・時間かかり過ぎ。

ようやく弦を張るところまできました・・・時間かかり過ぎ。

ここ最近のこのブログでも出演してもらっていたSRVストラトはようやく弦を張りました。あとはネックの動きを確認してサウンドチェック。奮発してオイルキャパシタに交換したのですが、元々ついていたフィルムキャパシタがシングルコイルのストラトではあまり使わない容量だったので、付け替えるオイルキャパシタの容量もそれに倣うかどうかをキャパシタ比較君1号で検討して、オリジナル同じ容量で行きました。SRVもその容量だったらしいです。

Fender JapanのMG65。これも改装中。

Fender JapanのMG65。改装中。

こちらはFender Japanのムスタング、そのまま出品するのはつまんないので大幅にいじくっています。以前のこのブログでも紹介していた同モデルの改造と同じ配線で今度はPUもLace Sensorに交換。ムスタングはスチューデントモデルとして開発された割にスイッチの配列がややこしかったり、名前通りのトレモロでヒジョーに使いにくいギターですが、Charさん大好きなワタクシとしてはこの形に思い入れがあって「使いやすいムスタング」というのはほしいアイテムでもあるので作ってみた次第。ブリッジを調整できるタイプに交換するのですが、そのブリッジは取り寄せ中。取りあえず一番面倒な配線とスプリングの調整は終了。

Eitist CASINO with Bigsby B3

Eitist CASINO 2号。with Bigsby B3

3号

そして3号。

そして2本のカジノは色違いの同じモデルで一方はBigsbyを追加。以前にも同じモデルを1本扱ったことがあるので今回のは2,3号。2号と3号の比較で前にもテレキャスでチェックした「Bigsbyの有無による音の違い」を見てみるつもりです。