「木製ピックガード製作」タグのついた投稿

LPタイプ用のパーツを木材で制作。

現在制作中のLPタイプに使うピックガード、コントロールキャビティのパネル、トラスロッドのカバーを木材で制作しました。右からグラナディロから削り出したピックガード、黒檀から作ったコントロールキャビティ部とトグルスイッチ部分のパネル、ちょっとお遊びで猫の形にしてみたトラスロッドカバーです。

グラナディロ材から作ったピックガード。グラナディロはローズウッドなどの代替材として「南米紫檀」という呼び名も使われている材です。非常に硬く頑張って磨くとエボニーのように表面に艶が出てくるのが特長。ギターの材としてはポピュラーではないですが、手工品のアコギのサイドバックなどに使われる例も。今回は強度を稼ぐためにピックガードとしては厚めの板材から削り出しています。形状は実際のGibsonLes Paulとは少し変えてあります。外側の側面は以前Chaki P-1用に制作した桜材を使用したピックガード同様に丸く凹みのある加工をほどこしました。

こちらはコントロールキャビティの蓋。制作しているレスポールタイプはヘッドの突板にエボニーを使ったのですが、その突板を作るのに入手した板材の残りを利用して作りました。

こちらはトグルスイッチキャビティの蓋。これも余ったエボニー材から制作。

こちらはロッドカバー。猫の形にしてみたのですが、取り付けたときに目立つのはちょっと恥ずかしい気がするのでこれもヘッドの突板と同じエボニー材から削り出し。かわいそうなことに留めネジの穴が頭に!

 

広告
ブラスの角材を削り出してブラケット本体を制作。

ブラスの角材を削り出してブラケット本体を制作。

Chaki P-1のピックガードを作ったものの、それに使用するブラケットが既製品では合わなかったのでブラスを削り出して自作しました。ブラスを選択したのは、出来上がった直後はピカピカですが、時間が経つとくすんで古臭い外観になるので、このChakiの外観に合うかなと思ってのことです。なので、このピックガード、ブラケットに付随するネジはすべてブラス製の無メッキで統一。上の写真の奥側にあるのが元々のブラスの角材。それを荒削りしている途中が手前。フライス盤があればサクサクできそうですが、そんなデカイ機械はないので基本手作業です。

だいぶ形になってきました。シャフトが通る穴は既製品では単なる穴ですが、ナットが緩んだりしたときにグラついてしまうトラブルが起こることが考えられるので今回制作したものではその穴もねじを切りました。作ったものは1か所はネジを切っています。

だいぶ形になってきました。シャフトが通る穴は既製品では単なる穴ですが、ナットが緩んだりしたときにグラついてしまうトラブルが起こることが考えられるので今回制作したものではその穴もねじを切りました。作ったものは1か所はネジを切っています。

荒削りを終え、仕上げ研磨まで行った状態。左側が今回制作したブラス製。右側は既製のES-175タイプ。だいぶ形が違っているのがわかります。

荒削りを終え、仕上げ研磨まで行った状態。左側が今回制作したブラス製。右側は既製のES-175タイプ。だいぶ形が違っているのがわかります。

シャフトを取り付けた状態。完成が見えて一安心しているところですが、仮止めしてこの後さらに微修正しました。

シャフトを取り付けた状態。完成が見えて一安心しているところですが、仮止めしてこの後さらに微修正しました。

取り付け完了!

取り付け完了!

ようやくP-1にピックガードを取り付けることができました。今日はもう時間切れなので後日サウンドチェックしてようやく出品です!長かった・・・

 

Chaki P-1げを張ってネックの調整まで完了。あとはピックガード。

Chaki P-1げを張ってネックの調整まで完了。あとはピックガード。

前回のつづき。結局ピックガードは自作して取り付けることにしました。完成しそうでなかなか出来上がりませんが、とりあえず弦は張ってネックの調整も済んでいるので、ちょっと弾いてみました。弦はPhospher BronzeのLight Gaugeを張ったのですが、随分弾きやすくなりました。もちろんそうなるためにフレット交換したのですが、実は元々ネックのサイドが過去の擦り合わせのためかかなり鋭角に出ていて、握り込んだ時の違和感が強かったのでこれを削り落としてネックシェイプもより握りやすい形に変更しています。その効果も大きいと思います。個人的にはノーマルチューニングから1音下げて試した時にイイ感じでした。これはより低い音域の方が合うということか、それても弦のテンションが少ない方が合うのかあるいはその両方か・・・。オープンDでの演奏なんかが楽しそうです。

さて、ピックガード。よくある黒白黒の3plyで作るのが手早いのですが、せっかくの古い楽器なので、その外観に合うような雰囲気を持ちつつ既製品とは違ったものにもしたいので木材で作ってみることにしました。木製ピックガードといえば定番はメイプルやエボニーを削り出して作ることが多いと思いますが、高級機の場合です。もともと高級機ではないところや日本製というところもポイントのP-1なので、比較的入手しやすい「さくら」の単板を削り出して作ることにしました。

さくらの単板から削り出したピックガード。

さくらの単板から削り出したピックガード。右側のブラケットは既製品ですが、試したところ合わないことが判明・・・(ToT)

上の写真はピックガードの形に加工を終えた状態。周辺部は匙面(スプーンでえぐったような丸いくぼみ)をつけてみました。ところどころ黒っぽくなっているのは匙面の削り出しに使用する電動工具の摩擦で焦げ付いている部分。それはそれでイイカンジに思えたのでそのままにしています。

サイドの加工。家具でよく見られる匙面という掘り方です。スプーンですくったような丸い溝。

サイドの加工。家具や扉などでよく見られる「匙面」という掘り形状。ちょっとおしゃれ?

そして塗装を済ませた状態。あまりピカピカにしてしまうとイメージと合わないのでラッカーを少ない回数塗り重ねて、乾燥後に表面を軽く以外て完成。

そして塗装を済ませた状態。あまりピカピカにしてしまうとイメージと合わないと考えて木材の質感がなくならない程度にクリアーを数回塗り重ねて、乾燥後に表面を軽く研磨。

表面は木材の質感を残しつつそれなりに映り込みもあるくらいの塗膜・光沢。

表面は木材の質感を残しつつそれなりに映り込みもあるくらいの塗膜・光沢。

裏面。ボディトップ側のネジ位置はエボニーの板材で補強を入れてあります。左側の四角の部分はブラケットを取り付ける部分。実際にギターに取り付ける際はフェルトのクッションも貼ります。

裏面。ボディトップ側のネジ位置はエボニーの板材で補強を入れてあります。左側の四角の部分はブラケットを取り付ける部分。実際にギターに取り付ける際はフェルトのクッションも貼ります。

試しにギターに載せてみました。あとはブラケットを何とかしなければ・・・。

試しにギターに載せてみました。僕好みの見た目になりました。あとはブラケットを何とかしなければ・・・。

ブラケットは既製のES-175タイプで合うだろうとタカをくくっていたのですが、元々P-1のボディに開いているネジ穴を生かす場合は合わないことが判明。おーまいごっど。せっかく取り寄せたのに・・・(T0T)

・・・そういうわけでブラケットも自作します。実は上の塗装前にこの事は判明していたので、どういう仕様にするかはすでに検討済みで材料の手配も済んでいます。それらが届いてから作業再開となります。ずいぶんコストもかかってしまいましたが、その分完成も楽しみです。