「木製トラスロッドカバー」タグのついた投稿

先日このブログでも紹介した、当店で制作したエボニー製のB.C.Rich用のトラスロッドカバーとバックパネル、ご依頼いただいたお客様から取り付けた状態の写真をいただきましたのでご紹介します。

まずはトラスロッドカバー。ヘッドの突板の木目の中にエボニーの風合いが高級感を醸していますね(自画自賛)。

まずはトラスロッドカバー。ヘッドの突板の木目の中にエボニーの風合いが高級感を醸していますね(自画自賛)。

バックパネル。こちらもボディバックの木目といい組み合わせじゃないかと思います。

バックパネル。こちらもボディバックの木目といい組み合わせじゃないかと思います。

完全に自画自賛になってしまいました・・・

こういった見た目のアレンジは好みによって良し悪しは違ってくるのですが、やっぱり汎用的なプラスチックや金属の板などとちがって木材だと木目や木材ならではの風合いがあって「見た目のアレンジ」の方法としては面白と思います。強度やコストについては(設計にもよりますが)プラスチックなどの方が使い勝手が良いと思いますが、やっぱりギターは「見た目」も大事なんで、こういう改造も大いにアリ!ですよね。

広告
左がオリジナル、右が当店で作成したエボニー製。

左がオリジナル、右が当店で作成したエボニー製。

以前も製作したことがある木製のトラスロッドカバーの制作と今回はバックパネルの製作の依頼を合わせていただき、本日無事完了しました。

左が今回作成したエボニー製、右がオリジナル。

左が今回作成したエボニー製、右がオリジナル。

ロッドカバーの方は元にしたエボニーの端材からすべて削り出しで作りましたが、バックパネルの方はサイズが大きく、それなりのサイズの板材を材木屋さんで探してきています。また、そのままでは材の厚みがかなりあって、バックパネルに使うには分厚すぎるので板全体を薄く均一に削り落としています。実はこの作業は当店ではできないので外注。それをいつものように成形し、ビス穴を空けてから細かいペーパーにて表面の木地を調整。サイドのテーパー部分が意外と時間がかかりますは、オリジナルのプラスチックに比べて木製だと割れなどの恐れがあるのでオリジナルよりも厚め、面積も若干広めにし、その分サイドのテーパーをつけることで取り付けた際の違和感がないようにしています。裏面にシールド処理を行った後、最後にオイルで処理して完成。。

こういう木製の小物を作るのは楽しいです。木目フェチかも・・・

 

昨日のネック折れのギターのトラスロッドカバー。曲がってしまっています。使えないことはありませんが・・・

昨日のネック折れのギターのトラスロッドカバー。先っぽが曲がってしまっています。使えないことはありませんが・・・

昨日のネック折れの記事のギターのトラスロッドカバー、変形してしまっていました。使えないことはないのですが、突板が新しくなったことで見た目のバランスは悪い気がするので突板で使用したエボニー材の余りを削り出して作り直しました。

これだ⇓

エボニーの板材を削ってトラスロッドカバーの形に成形。

エボニーの板材を削ってトラスロッドカバーの形に成形。

両面テープで付けてみました。いい感じです。

両面テープで付けてみました。いい感じです。

見た目の印象を確認するために両面テープでヘッドにペタリ。うん、いい感じだ(自画自賛)。もとにしたエボニー材は突板で使用したものと同じなのにだいぶ色合いが違うのは仕上げ処理の違い。突板はまだこれから工程が残っているので仕上げはしていません。木材の木目が出ていると工程の途中でも綺麗に見えるので「このまま出来上がりでもいいなぁ」といつも思ってしまいます。木製パーツは大好きなんですが、「木目フェチ」なのかも・・・

そして、近々出品予定のPRS Custom 22のメンテにも着手。エボニー指板、57/08TMPUにカラーはBlue Clab Smokeburstという滅多に見られない超レア仕様です。フレットの減り具合が微妙で、弦による溝が出来ているものの、それ程深くはなく、音程もOK、ビビりも特になくそのままでさっさと出品してもよさそうなんですが、折角の高級機なのでフレットの擦り合わせをすることにしました。

擦り合わせ前に指板の保護のためマスキング中。青のマスキングを下に貼り、その上から黄色のマスキングでカバー。

擦り合わせ前に指板の保護のためマスキング中のCustom22。マスキングは青と黄色が写っていますが、青をまず貼り、その上から黄色で2重にカバーしています。1重でも丁寧に作業すれば大丈夫ですが、ウチでは念のため2重がデフォルト。テープはただ色が違うだけで無くて実は粘着力が違うものを使い分けています。

そしてトレモロを外して一度分解してクリーニングし、組み上げ。

ブラスブロックのシンクロタイプトレモロ。

クリーニングを終えたブラスブロックのシンクロタイプトレモロ。

買い取った段階ではそこそこ汚れがついていたのをクリーニング。手前にあるネジ穴は汚れがついているとアームの動作が不安定になる原因になるので念入りにきれいにしました。ハイエンド機でよく見られるブラス製のブロックは表面のくもりを目の細かい研磨剤でピカピカに磨き上げ、曇り止めの保護剤で仕上げ。些細にことですが曇りをとると高域が少ししっかりするように思います。

本日はここまで作業終了。