「手製ピックガード」タグのついた投稿

以前からちょっとづつ製作していたLP Type 完成!

2年ほど前に機会があって入手したLes Paul Typeのボディとネックを元に密かに制作していたレスポールタイプ、本日完成!製作途中でほったらかしになっている期間が大分あってかなり時間がかかってしまいましたがなかなか自己満足度の高い一本になりました。

スペックですが、ヘッドの突板を少し厚みのあるエボニーを張った以外はボディ・ネックは通常のレスポールとほぼ同じ。ボディバックのパネルやピックガード、ロッドカバーは無垢の木材から削り出し、Bigsby B7搭載。ピックアップは直付けGibson 57 Classic、各PU毎にミニスイッチでシリーズ、コイルタップ、パラレルの切り替え。Master Volume、Master Tone、ノブはアルミ削り出しタイプ。Toneはプッシュプルスイッチでキャパシタ変更し、「トーンの効き具合」を選べるようになっています。

総重量4.1kg弱。ビグスビーを載せている割に軽いです。

塗装はラッカーですが、通常メーカーで行うやり方よりもだいぶ工程を省略しています。乾燥後の表面の研磨も省略(吹きっ放し)。色も載せなかったのでトップ材のままの見た目。

ピックガードは「グラナディロ」という材を削り出し。木製だと厚みが必要で、通常のレスポールタイプのブラケットはビスがボディにぶつかってしまうのと、せっかくの木目の真ん中にネジ穴を開けなければならないのが嫌だったのでセミアコのような取り付け方式にしました。といってもぴったり合うパーツは市販ではないのでブラスを削り出しで自作。それに合わせてビスもブラス製にしました。

コントロールはMaster Volume、Master Tone、それぞれのピックアップ(Gibson 57 Classic)のシリーズ接続(通常のハムバッキング)⇔スプリットコイル(黒ボビンの方のシングルコイルサウンド)⇔パラレル(両方のコイルをそれぞれシングルコイルPUとして出力)となっています。

ボディバック。塗装を簡略化しかなり薄い塗膜になっていて導管がはっきりわかるくらいにマホガニーの木肌がそのままになっています。パネル類はエボニー材で制作したものをブラスネジで止めています。

指板はローズウッド。フレットはミディアムサイズでサークルフレッティング。

ヘッドの突板はエボニーで、ここも塗装は吹きっ放し。トラスロッドカバーはエボニーを削りだして猫のシルエットにしてみました。

ペグはカバーがないタイプ。

製作開始した当初はスタンダードなレスポールコピーを念頭にしていましたが、作業を進めてゆくにつれて「Bigsbyを付けよう!」「ピックアップは直付けにしてみよう!」「57 Classicでコイルタップした音はどんなもんか試してみよう!」「プラスチックパーツはなるべく使わないようにしよう!」・・・といった感じで出来上がったのが写真の通りのレスポールからは少し離れたギターになりました。弦は011~052にしたのですが、ネックの性格がまだわからないので今日のところはチューニングは半音下げにしてあります。音も出してみましたが、通常のレスポールとはやっぱり違っていて面白いです。ネックが落ち着いたら動画撮ってみます。

 

広告
60年代Gibson ES-120のピックガードを製作。

60年代Gibson ES-120のピックガードを製作。

上の写真、フロントにシングルコイルと思われるピックアップが搭載されていたGibsonのES-120です。オリジナルPUからBartoliniに交換するにあたってピックガードを製作したもの交換しています。緑矢印で示しているのがオリジナルのピックガード。

今回、BartoliniのPUに交換するにあたって、オリジナルピックガードでは取り付けできなかったので、取り付け可能な新しいピックガードを作らせていただきました。

オリジナルのピックガードだとピックアップカバーのビス穴が合いませんでした。

オリジナルのピックガードだとピックアップカバーのビス穴が合いませんでした。

製作途中の新しいピックガード。思いっきり製作工程を省略していますが、まず原型を起こしてそれに沿って電動工具で形を整えていきます。外周はナナメに切り落していますが、単にナナメにするだけでなく、周辺部の下側はほんの少し垂直、他の部分が45度になってます。PUの穴も取り付けるbaltoriniにぴったり合うように治具を作ってから加工します。ピックガード製作は結構手間が多いですね。

製作途中の新しいピックガード。思いっきり製作工程を省略していますが、まず原型を起こしてそれに沿って電動工具で形を整えていきます。外周はナナメに切り落していますが、単にナナメにするだけでなく、周辺部の下側はほんの少し垂直、他の部分が45度になってます。PUの穴も取り付けるbartoliniにぴったり合うように治具を作ってから加工、そこまで終えたのが上の写真。あとはコントロールとジャックの穴をあけるのと、ピックガードとボディの距離を適切に保つためのスペーサを制作。ピックガード製作は結構手間が多いですね。

ピックガードとボディトップの距離を適切にするためのスペーサー。ネジ穴は四か所で、ピックアップ側に2か所、コントロール側に2か所。後者に写真の2本のスペーサを、前者には白のフェルトクッションをかませます。

ピックガードとボディトップの距離を適切にするためのスペーサー。もちろん、既製品があるわけではないので製作したものです。ピックガードを止めるネジ穴は四か所で、ピックアップ側に2か所、コントロール側に2か所。後者に写真の2本のスペーサを、前者には白のフェルトクッションをかませます。

配線をする前にパーツをピックガードに取り付けて一度ギターに装着、ジャックの先端がボディトップにあたらないか、ボリューム・トーンのPOTがボディにあたらないか(近すぎないか)、などを確認します。

配線をする前にパーツをピックガードに取り付けて一度ギターに装着、ジャックの先端がボディトップにあたらないか、ボリューム・トーンのPOTがボディにあたらないか(近すぎないか)、などを確認します。

仮止めで側面から見たところ。問題なさそうです。スペーサーもちょうど良くピックガードの水平もOK。

仮止めで側面から見たところ。問題なさそうです。スペーサーもちょうど良くピックガードの水平もOK。

確認OK!いよいよパーツの取り付けと配線。POTは通常サイズのものを使いました。

確認OK!いよいよパーツの取り付けと配線。POTは通常サイズのものを使いました。ピックアップからの配線はとりあえずアセトテープで止めています。

配線が済んだらいよいよ取り付け。出来上がったを側面から見たところ。電車の車体の下みたいですね。

配線が済んだらいよいよ取り付け。取り付け完了、側面から見たところ。電車の車体の下みたいですね。

出来上がった状態がこのレポートの一番上の写真(フィルムはがしていない状態。ちょっとめくれている箇所もありますが・・・)。このピックガードオリジナルと全く同じ上面のサイズにすると、PUを取り付けるビスをはじめいくつかのビス穴が端っこになり過ぎて強度に不安があったので、若干横幅を大きめにしていますが、目論見通りになったかと思います。

あとはフィルムをはがすと、ピックガードはピカピカなので、ボディの雰囲気と合わせるかどうか。必要であればピックガードをレリック加工して合わせることもできます。ピックガードは作るとなると意外に手間が多い部品ですが、楽器の雰囲気を変えたり、今回のように今までつけられなかった部品を載せたりなど満足度の高い改造の一つかと思います。