「川口千里Guthrie」タグのついた投稿

この動画のギタリスト、ここ数年で一番気に入ってるGuthrie Govan。このブログでもこの人がルーパーで演奏しているDonna Leeを私の練習課題しているという話を載せたことがありました。まだ練習継続中でお店のデモ動画に時々顔を出すこともありますが、本人のようには全く弾けません・・・。

そんなGuthrieの来日公演があるとの話をお店のお客様から伺い、先日Cotton Clubでの公演に突撃。来ている人はいかにもギター好きな野郎ばかり。プロの方も見かけました。やはりGuthrie、マニアからの注目度はかなりの高さとミタ。

曲はGuthrieのソロアルバムErotic Cakesからが中心。Youtubeでその超絶ぶりを何度も見ていたのですが、やはり生で見ると迫力が違いました。音の扱いは繊細さと大胆さが完璧にコントロールされていて、早いフレーズもしっかり歌っていますし、とても耳に馴染む演奏。どんなに音数が多いフレーズでも一音一音がしっかりと出ていて全体がぶれない。テクニカルなギタリストは山ほどいますが、頭の中の音と演奏がしっかりリンクしてると感じる人は非常に少ないと思います。ギタリストはどうしても手癖に走ってしまいがちで悪く言えば「単に手が動いて音が出ている」「(パズルのように)コードに合う音を落としていっている」という感じがままあると思いますが、Guthrieは「頭で鳴っている音をリアルタイムで再現している」という当たり前だけど実はとても難しいことが高次元でできる稀有なギタリストだなぁという事を再確認。もちろんアルバムの曲自体、多くの速弾きギタリストのアルバムとは一線を画す完成度の高さもあるとは思います。

今回のバンドメンバーも印象的でした。ドラム川口千里さん、ベースMohini Deyという20歳前後のねーちゃんリズム隊(と言ってもソロがすごかった)に安定の大御所・鍵盤に石黒彰さんという布陣。リズムの二人、音楽ファンの間では子供のころから有名で知っている方も多いと思いますが、真面目にすごかったです。若さもあるのか二人ともどっかんどっかん前に出てくる演奏が圧倒的でした。各メンバーが対等にスペースを共有して自己主張もしつつ、全体のバランスを取るのは複雑な楽曲が多いセットリストでは難しく、テクニカルなパートがうっとうしくなりがちだと思いますが、4人は臨機応変に演奏しながらも音楽としてのバランスが維持されていて、同じメンバーでアルバム作ってほしいなと思いました。映像作品も面白そう。

今回のライブではないですが川口千里さんの演奏⇓

こちらMohini Dey。インドの人だそうです。スゲェ。⇓

二人ともスゴイですよね~。

石黒さんの演奏もCoolでした。むしろこの人の鍵盤があってうまくまとまっていたと思いました。かなりの技術巧者3人、がっつり前にも出てくるリズム隊(という言葉がもはや合わない気もします)の土台も支えGuthrieの複雑な楽曲の色合いをしっかり出し自身のソロパートも味のあるフレージングで楽しませてくれました。

ずっと映像とCDだけで見てきたGuthrie、やっぱりすごかったです。またの来日を期待。

広告