「レスポールパーツ交換」タグのついた投稿

本日セットアップした年季の入ったGibson Les Paul Classic。 Premium Plus Mod.

本日セットアップしたGibson Les Paul Classic Premium Plus Mod.

こちらの写真のレスポール、実は委託販売でお預かりしていて本日セットアップを終えてネット上でご紹介する予定だったギターです。たまたまご来店されたお客様がセットアップ中の本機を気に入ってくださって、そのままセットアプ終了を待ってお買い上げとなりました。そんなわけでお店のウェブサイトの商品紹介のページには載せることはなくなったのですが、見事な使用感と生鳴り、前オーナー様のこだわりが詰まった各部のモディファイが印象的でこちらのブログでご紹介させていただくことになりました。

PUはSeymour Duncan フロントJazz、リアAlnico Pro 2と出力抑え目で音の分離の良いチョイス。

PUはSeymour Duncan フロントJazz、リアAlnico Pro 2と出力抑え目で音の分離の良いチョイス。ギター本体の生鳴りが良く、相性抜群でした。歪んだ音も◎!

エレクトロニクスはかなりマニアック。トーンがプッシュプルスイッチになっているのですが、赤い基盤上のディップスイッチの組み合わせで通常のコイルタップからパラレル出力、数種類搭載されているキャパシタの切り替えなどが行えるようになっています。基本サウンドはもちろんギブソンのレスポールですが、これらによってかなり幅広い表現力を有します。

エレクトロニクスはかなりマニアック。トーンがプッシュプルスイッチになっていてPUのコイルなどの接続切り替えを行う仕組みなのですが、赤い基盤上のディップスイッチの組み合わせで通常のコイルタップからパラレル出力、加えて数種類搭載されているキャパシタの切り替えなどが行えるようになっています(トーンの効き方を変えられる)。基本サウンドはもちろんギブソンのレスポールですが、これらによってかなり幅広い表現力を有します。

前オ^ナー様はジミーペイジの大ファン。その証、ペグは本物の70’sグローバー!

前オーナー様はジミーペイジの大ファン。その証、ペグは本物の70’sグローバー!

実はネック折れの修復の履歴のあるギターでもあるので(勿論ちゃんと直してあります)お値段は無傷の同機に比べればかなりお安い設定でした。でも、上の写真のグローバーのペグや電気部分のモディファイの他テールピースもアルミ製に交換、摩耗したブリッジは新しい物に交換、ジミーペイジと同じスタイルのストラップも付属してしまうというお買い得感満載に一本でした。セットアップして、購入してくださったお客様とサウンドチェックも下のですが音もGood!!

僕も年季の入ったかっこいい外見と素晴らしいサウンドに売れてしまってさみしくなってしまいました・・・

 

広告
試奏用に置いているトーカイレスポール(Love Rock)のPUやPOTなどを交換することにしました。

試奏用に置いているトーカイレスポール(Love Rock)のPUやPOTなどを交換することにしました。

今日はフレットの擦り合わせ作業をやる予定でいたのですが、本日出荷の品を梱包する際、段ボールの端で右手指を切ってしまったので予定変更して半田付け作業。まずはお客様から預かっていたGibsonレスポールのボリューム交換。昨日少し進めていたこともあってすぐに完了。次に試奏用に置いていたTokai Les Paul Type(Love Rockモデル)のパーツ交換に着手。GibsonのPUを店で扱っていることもあり「試奏用のレスポールもBurst Buckerか57Classicに交換しよう!」と以前から考えていたものです。上の写真はPUやボリュームなど電気パーツを取り外した状態。

ボディの裏は傷だらけ。ア外付き合いの証。

ボディの裏は傷だらけ。長い付き合いの証。

取り外したPU。大学時代に取り付けたSethloverとJB。20年の付き合いでした。ご苦労様!

取り外したPU。大学時代に取り付けたSethloverとJB。20年の付き合いでした。ご苦労様!交換PUはBurst Bucker 1 & 3の予定。

学生時代に自作したアクリルのピックガード。

学生時代に自作したアクリルのピックガード。

途中まで配線。線材を使い切ってしまったので今日はここまで。

途中まで配線。線材を使い切ってしまったので今日はここまで。

元々ついていたオリジナルのPOTからCTSに交換。キャパシタは新品のVitaminQ。

途中まで配線したところで今日はここまで。線材を仕入れてから完成させます。楽しみです。