「ベースボディザクリ」タグのついた投稿

もうすぐ完成!

もうすぐ完成!

PBボディにPUザクリ追加①のつづき。

使用する2軸POTが届いたので早速配線を済ませ組み込んだところが上の写真。見た感じは問題なし。でも、弦を張った状態でちゃんとした位置にPUが来てるかどうかがいっちゃん大事なのでここで満足せず、ネック取り付け・弦張りをして再確認。

ネックを取り付けて弦も張ってみました。

ネックを取り付けて弦も張ってみました。

上から見て弦が所定の位置から大きくずれていないのを確認。

上から見て弦が所定の位置から大きくずれていないのを確認。

後ろ側からも確認。OKです。

後ろ側からも確認。OKです。

位置もOK!あとはPUの高さを調整して完成!新たに取り付けたPUの位置は通常のジャズベースよりはブリッジよりになっています。既製品のPJスタイルもそういったものが多いと思いますが、こうすることでPUのキャラクターの違いをより引き出せます。もっとも普通のジャズベースと同じ位置にしてしまうとPBピックアップと近すぎて見た目に違和感を感じるかも。

2軸のコントロールにしました。

2軸のコントロールにしました。

PJタイプだと、PBでジャックがあった箇所にトーン、もともとのトーンの位置にリアJBPUのボリューム、PBPUのボリュームは元々と同じで(あるいはそれらを全体的にずらしたピックガードを作成とか?)、ジャックはサイドに改めて穴を空けて取り付けてあるのが多いと思いますが、今回はお客様のご要望でボリュームは2軸にして一箇所にまとめました。外側がPB、内側がJBとなっていますが思いのほかコントロールしやすいです。ギタリストの場合は2つピックアップがある場合は3点切り替えのスイッチを使うのが常套手段だと思いますが、ベースの場合はスイッチ切り替えでなく、それぞれのボリュームで混ぜ具合をコントロールするという仕様が普通です。ギタリスト度が圧倒的に高い僕の場合、離れた位置にある二つのボリュームを操作するのがちょっと難しくてそれにマスターボリュームなんぞがついているともう大変です。そこで今回の2軸POTに両ボリュームをまとめてしまうと両方を一気に上げ下げできますし(マスターいらない)、一方を上げてもう一方を下げる操作も比較的少ないアクションで出来ます。慣れれば任意の方を素早くコントロールしやすそうで気に入りました。

お店には自作のジャズベースが一本あるのですが(僕の練習用です)、こいつはマスターボリュームとバランサー、トーンになっているのですが、ギタリスト脳の僕には使いにくい。元々2ボリュームのみだと使いにくいと考えてバランサーにしてたのですがそれでもちょっと苦手。こいつボリュームも2軸にまとめてしまおうか・・・

広告