「ベースプレート脚」タグのついた投稿

先日、Kent ArmstrongのハムバッキングPU (WPUJB)からSeymour DuncanのSethloverへの交換依頼を受けました。WPUJBはベースプレートの脚がないのに対し、Seymour DuncanのPUにはベースプレートの脚がありあす。そしてそのギターのザクリもWPUJBに合わせて浅く掘られていてそのままでは長い脚のSethloverは取り付けできません。そこでWPUJBのベースプレートをSethloverに移植するという改造を行いました。出来上がったものが下の写真。

見た目は普通のCoveredのPAF系PU・・・

見た目は普通のCoveredのPAF系PU・・・

文章で「ベースプレートの脚」と言ってもわかりにくいかもしれません。途中経過も写真撮ればよかったのですが、撮らなかったので、完成後の写真でお見せします。上の写真の完成品を裏返したのが下写真奥。手前は取り外したSethloverの脚。こんなに違います。

ベースプレートの脚比較

ベースプレートの脚比較

横からみると・・・

横からみると・・・

実は単純にベースプレートを付け替えれば済むという問題ではなく、各部のサイズが微妙に違っていたりするのでところどころ削って微調整したり、材質の都合でハンダも2種類使用したり・・・ちょっと手間がかかりました。

カバーのサイドも加工。

カバーのサイドも加工。

カバーの側面のベースプレートの耳が収まるスペースも必要なので、削って加工。

ポールピースも短くしました。

ポールピースも短くしました。

そしてポールピースもそのままでは長すぎてザクリに収まらなかったので、最終的には削って短くしました。最初はポールピースもWPUJBのを流用して済まそうとしましたが、ネジ山の規格が違うようだったのでSethloverのものを削ることに・・・

出来上がって取り付けたサウンドには個人的には満足。元のWPUJBよりも音の分離がよくなって、低域側はすっきりした感じ。あとはご依頼してくださったお客様に満足していただければ。今日引き取りに来られて、これから家で遊んでみるとのこと。感想が楽しみです。

ハムバッカーのベースプレートの脚は今回のSethloverのように長いもの(Gibsonタイプ)とDimazioなどの少し短いタイプをよく見かけますが、Kent armstrongのように脚がなくフラットなタイプは今回初めて。いろいろありますねぇ。