「ピックガード製作」タグのついた投稿

オーダー受けて制作した透明のピックガード。

先日、日本製のセミアコのPU以外の電気パーツの新調・再配線、基本調整とともに、欠品していたピックガード製作のご依頼をいただきました。「形状はレスポールのピックガード風で、透明」というオーダーで、今回は3mmのアクリル板から制作しました。上の写真は実際にギターに取り付けてみたところです。ブラケットはレスポールタイプのものだと角度が合わないのでES-335の互換パーツを流用しています。

完成した透明アクリルのピックガード。外側の側面(PUと反対側の側面)はナナメに削り出しています。オーダーは「レスポールのピックガード風」ですので基本的な形状はレスポール風ですが、取り付けるセミアコのボディサイズに合わせてリサイズ、少し大き目になっています。あとアクリルはネジ止めの際に力を加えすぎると割れやすいのでネジ穴は使用するネジの径より少し大き目にしてあります。また、ボディに取り付ける際はボディとピックガードの間にウレタンのワッシャーをかまします。

ブラケットのシャフトが入る部分は既製パーツですが、そのままではボディにぶつかってしまうので削ってサイズを調整した上でピックガードに接着。

今回のギターはちょっと珍しいので他の部分の作業が終わったら本サイトで記事に上げさせていただく予定です。

 

広告
ブラスの角材を削り出してブラケット本体を制作。

ブラスの角材を削り出してブラケット本体を制作。

Chaki P-1のピックガードを作ったものの、それに使用するブラケットが既製品では合わなかったのでブラスを削り出して自作しました。ブラスを選択したのは、出来上がった直後はピカピカですが、時間が経つとくすんで古臭い外観になるので、このChakiの外観に合うかなと思ってのことです。なので、このピックガード、ブラケットに付随するネジはすべてブラス製の無メッキで統一。上の写真の奥側にあるのが元々のブラスの角材。それを荒削りしている途中が手前。フライス盤があればサクサクできそうですが、そんなデカイ機械はないので基本手作業です。

だいぶ形になってきました。シャフトが通る穴は既製品では単なる穴ですが、ナットが緩んだりしたときにグラついてしまうトラブルが起こることが考えられるので今回制作したものではその穴もねじを切りました。作ったものは1か所はネジを切っています。

だいぶ形になってきました。シャフトが通る穴は既製品では単なる穴ですが、ナットが緩んだりしたときにグラついてしまうトラブルが起こることが考えられるので今回制作したものではその穴もねじを切りました。作ったものは1か所はネジを切っています。

荒削りを終え、仕上げ研磨まで行った状態。左側が今回制作したブラス製。右側は既製のES-175タイプ。だいぶ形が違っているのがわかります。

荒削りを終え、仕上げ研磨まで行った状態。左側が今回制作したブラス製。右側は既製のES-175タイプ。だいぶ形が違っているのがわかります。

シャフトを取り付けた状態。完成が見えて一安心しているところですが、仮止めしてこの後さらに微修正しました。

シャフトを取り付けた状態。完成が見えて一安心しているところですが、仮止めしてこの後さらに微修正しました。

取り付け完了!

取り付け完了!

ようやくP-1にピックガードを取り付けることができました。今日はもう時間切れなので後日サウンドチェックしてようやく出品です!長かった・・・

 

Chaki P-1げを張ってネックの調整まで完了。あとはピックガード。

Chaki P-1げを張ってネックの調整まで完了。あとはピックガード。

前回のつづき。結局ピックガードは自作して取り付けることにしました。完成しそうでなかなか出来上がりませんが、とりあえず弦は張ってネックの調整も済んでいるので、ちょっと弾いてみました。弦はPhospher BronzeのLight Gaugeを張ったのですが、随分弾きやすくなりました。もちろんそうなるためにフレット交換したのですが、実は元々ネックのサイドが過去の擦り合わせのためかかなり鋭角に出ていて、握り込んだ時の違和感が強かったのでこれを削り落としてネックシェイプもより握りやすい形に変更しています。その効果も大きいと思います。個人的にはノーマルチューニングから1音下げて試した時にイイ感じでした。これはより低い音域の方が合うということか、それても弦のテンションが少ない方が合うのかあるいはその両方か・・・。オープンDでの演奏なんかが楽しそうです。

さて、ピックガード。よくある黒白黒の3plyで作るのが手早いのですが、せっかくの古い楽器なので、その外観に合うような雰囲気を持ちつつ既製品とは違ったものにもしたいので木材で作ってみることにしました。木製ピックガードといえば定番はメイプルやエボニーを削り出して作ることが多いと思いますが、高級機の場合です。もともと高級機ではないところや日本製というところもポイントのP-1なので、比較的入手しやすい「さくら」の単板を削り出して作ることにしました。

さくらの単板から削り出したピックガード。

さくらの単板から削り出したピックガード。右側のブラケットは既製品ですが、試したところ合わないことが判明・・・(ToT)

上の写真はピックガードの形に加工を終えた状態。周辺部は匙面(スプーンでえぐったような丸いくぼみ)をつけてみました。ところどころ黒っぽくなっているのは匙面の削り出しに使用する電動工具の摩擦で焦げ付いている部分。それはそれでイイカンジに思えたのでそのままにしています。

サイドの加工。家具でよく見られる匙面という掘り方です。スプーンですくったような丸い溝。

サイドの加工。家具や扉などでよく見られる「匙面」という掘り形状。ちょっとおしゃれ?

そして塗装を済ませた状態。あまりピカピカにしてしまうとイメージと合わないのでラッカーを少ない回数塗り重ねて、乾燥後に表面を軽く以外て完成。

そして塗装を済ませた状態。あまりピカピカにしてしまうとイメージと合わないと考えて木材の質感がなくならない程度にクリアーを数回塗り重ねて、乾燥後に表面を軽く研磨。

表面は木材の質感を残しつつそれなりに映り込みもあるくらいの塗膜・光沢。

表面は木材の質感を残しつつそれなりに映り込みもあるくらいの塗膜・光沢。

裏面。ボディトップ側のネジ位置はエボニーの板材で補強を入れてあります。左側の四角の部分はブラケットを取り付ける部分。実際にギターに取り付ける際はフェルトのクッションも貼ります。

裏面。ボディトップ側のネジ位置はエボニーの板材で補強を入れてあります。左側の四角の部分はブラケットを取り付ける部分。実際にギターに取り付ける際はフェルトのクッションも貼ります。

試しにギターに載せてみました。あとはブラケットを何とかしなければ・・・。

試しにギターに載せてみました。僕好みの見た目になりました。あとはブラケットを何とかしなければ・・・。

ブラケットは既製のES-175タイプで合うだろうとタカをくくっていたのですが、元々P-1のボディに開いているネジ穴を生かす場合は合わないことが判明。おーまいごっど。せっかく取り寄せたのに・・・(T0T)

・・・そういうわけでブラケットも自作します。実は上の塗装前にこの事は判明していたので、どういう仕様にするかはすでに検討済みで材料の手配も済んでいます。それらが届いてから作業再開となります。ずいぶんコストもかかってしまいましたが、その分完成も楽しみです。

60年代Gibson ES-120のピックガードを製作。

60年代Gibson ES-120のピックガードを製作。

上の写真、フロントにシングルコイルと思われるピックアップが搭載されていたGibsonのES-120です。オリジナルPUからBartoliniに交換するにあたってピックガードを製作したもの交換しています。緑矢印で示しているのがオリジナルのピックガード。

今回、BartoliniのPUに交換するにあたって、オリジナルピックガードでは取り付けできなかったので、取り付け可能な新しいピックガードを作らせていただきました。

オリジナルのピックガードだとピックアップカバーのビス穴が合いませんでした。

オリジナルのピックガードだとピックアップカバーのビス穴が合いませんでした。

製作途中の新しいピックガード。思いっきり製作工程を省略していますが、まず原型を起こしてそれに沿って電動工具で形を整えていきます。外周はナナメに切り落していますが、単にナナメにするだけでなく、周辺部の下側はほんの少し垂直、他の部分が45度になってます。PUの穴も取り付けるbaltoriniにぴったり合うように治具を作ってから加工します。ピックガード製作は結構手間が多いですね。

製作途中の新しいピックガード。思いっきり製作工程を省略していますが、まず原型を起こしてそれに沿って電動工具で形を整えていきます。外周はナナメに切り落していますが、単にナナメにするだけでなく、周辺部の下側はほんの少し垂直、他の部分が45度になってます。PUの穴も取り付けるbartoliniにぴったり合うように治具を作ってから加工、そこまで終えたのが上の写真。あとはコントロールとジャックの穴をあけるのと、ピックガードとボディの距離を適切に保つためのスペーサを制作。ピックガード製作は結構手間が多いですね。

ピックガードとボディトップの距離を適切にするためのスペーサー。ネジ穴は四か所で、ピックアップ側に2か所、コントロール側に2か所。後者に写真の2本のスペーサを、前者には白のフェルトクッションをかませます。

ピックガードとボディトップの距離を適切にするためのスペーサー。もちろん、既製品があるわけではないので製作したものです。ピックガードを止めるネジ穴は四か所で、ピックアップ側に2か所、コントロール側に2か所。後者に写真の2本のスペーサを、前者には白のフェルトクッションをかませます。

配線をする前にパーツをピックガードに取り付けて一度ギターに装着、ジャックの先端がボディトップにあたらないか、ボリューム・トーンのPOTがボディにあたらないか(近すぎないか)、などを確認します。

配線をする前にパーツをピックガードに取り付けて一度ギターに装着、ジャックの先端がボディトップにあたらないか、ボリューム・トーンのPOTがボディにあたらないか(近すぎないか)、などを確認します。

仮止めで側面から見たところ。問題なさそうです。スペーサーもちょうど良くピックガードの水平もOK。

仮止めで側面から見たところ。問題なさそうです。スペーサーもちょうど良くピックガードの水平もOK。

確認OK!いよいよパーツの取り付けと配線。POTは通常サイズのものを使いました。

確認OK!いよいよパーツの取り付けと配線。POTは通常サイズのものを使いました。ピックアップからの配線はとりあえずアセトテープで止めています。

配線が済んだらいよいよ取り付け。出来上がったを側面から見たところ。電車の車体の下みたいですね。

配線が済んだらいよいよ取り付け。取り付け完了、側面から見たところ。電車の車体の下みたいですね。

出来上がった状態がこのレポートの一番上の写真(フィルムはがしていない状態。ちょっとめくれている箇所もありますが・・・)。このピックガードオリジナルと全く同じ上面のサイズにすると、PUを取り付けるビスをはじめいくつかのビス穴が端っこになり過ぎて強度に不安があったので、若干横幅を大きめにしていますが、目論見通りになったかと思います。

あとはフィルムをはがすと、ピックガードはピカピカなので、ボディの雰囲気と合わせるかどうか。必要であればピックガードをレリック加工して合わせることもできます。ピックガードは作るとなると意外に手間が多い部品ですが、楽器の雰囲気を変えたり、今回のように今までつけられなかった部品を載せたりなど満足度の高い改造の一つかと思います。

 

レスポールのピックガードを制作。

レスポールのピックガードを制作。

「エピフォンのレスポールのピックガードを交換したいけど、合うサイズの既製品が見つからない」というお客様からピックガード、バックパネルなどのプラスチックパーツの制作依頼。上写真はアイボリーの方がオリジナルのもの。黒3plyが新たに製作したピックガード。出来上がった物を見ると大したことない感じですが、ピックガードに使用する塩化ビニールは削るのが難しいので意外と難敵です。

早速取り付けてみると・・・

落ち着いたいい雰囲気になりました。

落ち着いたいい雰囲気になりました。PUのカバーを外し、エスカッションもブラックに。ジャックのパネルもこの写真を撮った後で制作した黒パネルに交換。

取り外したオリジナルパーツ。子の写真を撮った後にジャックプレートも同様に制作交換。

取り外したオリジナルパーツ。