「ネック波打ち修正」タグのついた投稿

オーバーホールでお預かりしているYAMAHA SG

オーバーホールでお預かりしているYAMAHA SG

オーバーホールでお預かりしているYAMAHAの名機SG、ネックに波打ちも見られたので、それらの解消のため指板修正では狙ったポイントを多めに削りました。当然、削り過ぎに用心しつつ、こまめに直線とRを確認しつつ時間をかけて作業しました。

指板を削って、面を出している途中。写真お左上にあるのは「直線」を確認するためのストレートエッジと指板の「R」を確認するゲージ。

指板を削って、指板面の直線を出している途中。写真の左上にある定規のようなものは「直線」を確認するためのストレートエッジと四角の板は指板の「R」を確認するゲージ。ここまでは先週までに終えていた作業。

本日はフレット打ち⇒フレットエッジ処理⇒擦り合わせ⇒指板の保湿処理まで終えました。指板修正で指板の直線をしっかり出せているのでフレットを打った時点でフレットの高さがそろっている状態で擦り合わせはスムーズに終了。

フレットを打ち、擦り合わせを終えた状態。

フレットを打ち、擦り合わせを終えた状態。このままでも作業前に比べ格段にきれいですが(当然ですが)、まだまだ綺麗になります。

指板を専用のオイルで保湿処理。長年弾かれていないギターだと、指板の脂分が抜けて色が薄くなっていることが多いですが、オイルで処理することで色の濃い指板に戻ります。

指板を専用のオイルで保湿処理。長年弾かれていないギターだと、指板の脂分が抜けて色が薄くなっていることが多いですが、オイルで処理することで色の濃い指板に戻ります。

こちらのSG、作業予定が大分押しているので、明日も引き続き作業します。

広告