「ギター木製パーツ製作」タグのついた投稿

LPタイプ用のパーツを木材で制作。

現在制作中のLPタイプに使うピックガード、コントロールキャビティのパネル、トラスロッドのカバーを木材で制作しました。右からグラナディロから削り出したピックガード、黒檀から作ったコントロールキャビティ部とトグルスイッチ部分のパネル、ちょっとお遊びで猫の形にしてみたトラスロッドカバーです。

グラナディロ材から作ったピックガード。グラナディロはローズウッドなどの代替材として「南米紫檀」という呼び名も使われている材です。非常に硬く頑張って磨くとエボニーのように表面に艶が出てくるのが特長。ギターの材としてはポピュラーではないですが、手工品のアコギのサイドバックなどに使われる例も。今回は強度を稼ぐためにピックガードとしては厚めの板材から削り出しています。形状は実際のGibsonLes Paulとは少し変えてあります。外側の側面は以前Chaki P-1用に制作した桜材を使用したピックガード同様に丸く凹みのある加工をほどこしました。

こちらはコントロールキャビティの蓋。制作しているレスポールタイプはヘッドの突板にエボニーを使ったのですが、その突板を作るのに入手した板材の残りを利用して作りました。

こちらはトグルスイッチキャビティの蓋。これも余ったエボニー材から制作。

こちらはロッドカバー。猫の形にしてみたのですが、取り付けたときに目立つのはちょっと恥ずかしい気がするのでこれもヘッドの突板と同じエボニー材から削り出し。かわいそうなことに留めネジの穴が頭に!

 

広告