「ギター動画撮影環境」タグのついた投稿

Heavy Gauge Guitarsではギターなどの出品の際にウェブサイト上で文章と写真での説明に加えてなるべく動画(YouTube利用)もアップしています。今回はその動画撮影の際のアンプやエフェクターのセッティングの紹介。

使っているアンプはFender Vibro King。ギターからまずゲインブースターのBB Preamp、そしてメインの歪となるWEEHBO Effekte JTM Drive、次にバッキングを録るためのT.C Electronic Ditto Looper X2。ルーパーにはアウトプットが二ついていますが、一個はVibro Kingに、もう一個はチューナーにつながっています。

Fender Vibro King。

Fender Vibro King。

ギターとアンプの間につながっているペダル。

ギターとアンプの間につながっているペダル。

アンプやエフェクターですが基本的にどのギターでもなるべく同じセッティングにしています。なので例えば他のギターの動画と比較することでギターの特長の違いを考察することができると思います。またEQ類はアンプ、エフェクターともにすべてセンター、アンプについているリバーブやトレモロ、FATスイッチ(Midを持ち上げるスイッチ)はOffにしています。つまり動画でのサウンドは中立的なイコラインジングとなっているので「より好みのサウンドに音質調整する余地がある」ととらえていただいて構いません。音の評価は個々人でかなり異なるものなので私の主観による最良の音にするよりも、音質調整の余地を残した中立的な音の方がそのギターの検討をする方には良いかと思ってこのようにしています。

ギターからはまずゲインブースターのBB Preampに接続。BB Preampは比較的ハードな歪みのサウンドを出す時のみOn。

BB Preampのセッティング。ゲインブースターとしてつないでいるので基本的に歪み(Gain)は0。例外的にローパワーのギターでハードロック的なサウンドにする場合は少し上げますがそれでも8時くらいまで。EQはセンター固定。

BB Preampのセッティング。ゲインブースターとしてつないでいるので基本的に歪み(Gain)は0でVolumeはフル近く(ギターの出力によって微調整)。低出力のギターなどでゲインブースト時に歪が物足りない場合のみGainを加えます。EQはセンター固定。

BB Preampの次にWEEHBO Effekte JTM Drive。これがメインの歪になります。プレキシマーシャル風のサウンドですが、そんなに歪むペダルではなくクランチ~オーバードライブといったくらい。アンプのレンジの広い歪になるべく近づけたいのでXotic Voltage Doublerで18Vに昇圧して駆動。

プレキシマーシャル風の歪みのWEEHBO Effekte JTM Driveをメインの歪にしています。アンプの歪に近いレンジを稼ぎたいのでXoticのVoltage Doblerをつなぎ18Vで駆動させています。

プレキシマーシャル風の歪みのWEEHBO Effekte JTM Drive。EQはすべてセンター。ミニスイッチはMidのフリーケンシーの切り替え。これもセンターにしています。左上の青いLEDの機材が9Vを18Vに昇圧するXotic Voltage Doubler。

ここまでは歪セクション。この次につないでいるのがバッキングを録音して再生するルーパー。

t.c.electronicのDitto LooperX2。演奏中に2度押しなど複雑な操作は苦手なので録音と停止を別のスイッチできできる機種にしています。

t.c.electronicのDitto LooperX2。演奏中に2度押しなど複雑な操作は苦手なので録音と停止を別のスイッチできできる機種にしています。

ルーパーはステレオアウトなのですが、一方はアンプにもう一方はコルグのチューナーにつないでいます。

KORGのチューナー。動画の画面では写りませんが、トレモロアームの安定性をこれでチェックする場合があります。なのでポリフォニックタイプ。

KORGのチューナー。トレモロアームの安定性をこれでチェックするのに便利なポリフォニックタイプです。

そして最後にVibro Kingにインプット1に入力。

アンプのセッティング。ボリュームのみギターによって適宜。EQは写真の通りセンターで固定。

アンプのセッティング。ボリュームのみギターによって適宜。EQは写真の通りセンターで固定。アンプは完全にクリーンで使用しています。

以上のようなセッティングで演奏しています。クリーンサウンドのデモでは歪系のペダルはすべてOff(True Bypass)が基本ですが、フルアコなどの場合は先のエフェクトはつながず直接アンプにプラグインの場合もあります。アンプのボリュームはだいたい聴感上の音量によって調節します。2くらいが多いですがLip Stick PUのように出力がかなり低いギターの場合は3くらいでちょうど良いこともありました。

録画のほうはZOOM Q4で撮影、音も内蔵のマイクで取っていて今のところ音声を別撮りして合わせたりはしていません。音質的には後者が圧倒的に良いわけですが、今のところ時間に余裕がないので・・・撮った動画は基本的に無編集でそのままYouTubeにアップロードしています。なので実際の音に比べると少ししょぼい音になるのは否めません。この辺は今後の課題です。

ZOOM Q4。マイクは内蔵のものを使用。

ZOOM Q4。マイクは内蔵のものを使用。

広告