「エレキギターナット交換」タグのついた投稿

本日は昨日フレット交換まで終えたYAMAHA SGオーバーホールの残りの作業をクリア。

ナット交換作業中。弦の溝を掘っているところ。

ナット交換作業中。弦の溝を掘っているところ。

出来上がったナット。牛骨ナットです。

出来上がったナット。牛骨ナットです。

欠けていたトラスロッドカバーをエボニー材で作成。

欠けていたトラスロッドカバーをエボニー材で作成。

細かいところですが、弦アースを止めているネジ(青矢印)がテールピースのスタッドと連動していて、セッティング次第で裏パネルにネジの頭があたるので、裏パネルにネジ頭のスペース(赤矢印)を掘りました。

細かいところですが、弦アースを止めているネジ(青矢印)がテールピースのスタッドと連動していて、セッティング次第で裏パネルにネジの頭があたるので、裏パネルにネジ頭のスペース(赤矢印)を掘りました。

写真には撮っていませんが、全体のクリーニングをして、長年の汚れを落としました。ブリッジに詰まった埃やサドルの青錆びなどは振動の妨げになると思っているので、徹底的に除去。オクターブネジも固着気味だったので、分解してクリーニング、ネジ部に潤滑剤も塗って可動性を復活。最後にオクターブなど基本調整を施して・・・

やっと完成!

やっと完成!

ようやく完成。オーバーホール前と比べて見違えるほど弾きやすくなりました(そうならないとオーバーホールの意味ですよね・・・)。うーん、うれしい。このSGは売り物ではなく、お客様からのメンテ依頼品。長い間弾かれずにしまわれていたギターです。ネックの波打ちもあって厳しい部分もあるかと思いましたが、さすがは日本製、しっかり蘇りえりました!

イイ感じに仕上がったところでサウンドチェック!

まずはクリーン。

歪んだ音。

今回のオーバーホールの中身は・・・

・PUとトグルスイッチ以外の電気パーツ交換、PUエスカッション交換

・ネック波打ち修正(指板修正にて)

・フレット交換・ナット交換

・テールピーススタッド加工(テールピースをもっと低くできるように加工)

・裏パネルに弦アースネジの頭が干渉していたので、触れないように裏パネルにスペース切削

・トラスロッドカバー製作(エボニー製)

・全体クリーニング

・ロッド・オクターブ・弦高・PUバランス調整 etc.・・・

明日はお店の商品のメンテ&出品の予定。日本では珍しいTaylorのエレガット914CE-Nです。

広告