「アーチトップギターピックガード」タグのついた投稿

Chaki P-1げを張ってネックの調整まで完了。あとはピックガード。

Chaki P-1げを張ってネックの調整まで完了。あとはピックガード。

前回のつづき。結局ピックガードは自作して取り付けることにしました。完成しそうでなかなか出来上がりませんが、とりあえず弦は張ってネックの調整も済んでいるので、ちょっと弾いてみました。弦はPhospher BronzeのLight Gaugeを張ったのですが、随分弾きやすくなりました。もちろんそうなるためにフレット交換したのですが、実は元々ネックのサイドが過去の擦り合わせのためかかなり鋭角に出ていて、握り込んだ時の違和感が強かったのでこれを削り落としてネックシェイプもより握りやすい形に変更しています。その効果も大きいと思います。個人的にはノーマルチューニングから1音下げて試した時にイイ感じでした。これはより低い音域の方が合うということか、それても弦のテンションが少ない方が合うのかあるいはその両方か・・・。オープンDでの演奏なんかが楽しそうです。

さて、ピックガード。よくある黒白黒の3plyで作るのが手早いのですが、せっかくの古い楽器なので、その外観に合うような雰囲気を持ちつつ既製品とは違ったものにもしたいので木材で作ってみることにしました。木製ピックガードといえば定番はメイプルやエボニーを削り出して作ることが多いと思いますが、高級機の場合です。もともと高級機ではないところや日本製というところもポイントのP-1なので、比較的入手しやすい「さくら」の単板を削り出して作ることにしました。

さくらの単板から削り出したピックガード。

さくらの単板から削り出したピックガード。右側のブラケットは既製品ですが、試したところ合わないことが判明・・・(ToT)

上の写真はピックガードの形に加工を終えた状態。周辺部は匙面(スプーンでえぐったような丸いくぼみ)をつけてみました。ところどころ黒っぽくなっているのは匙面の削り出しに使用する電動工具の摩擦で焦げ付いている部分。それはそれでイイカンジに思えたのでそのままにしています。

サイドの加工。家具でよく見られる匙面という掘り方です。スプーンですくったような丸い溝。

サイドの加工。家具や扉などでよく見られる「匙面」という掘り形状。ちょっとおしゃれ?

そして塗装を済ませた状態。あまりピカピカにしてしまうとイメージと合わないのでラッカーを少ない回数塗り重ねて、乾燥後に表面を軽く以外て完成。

そして塗装を済ませた状態。あまりピカピカにしてしまうとイメージと合わないと考えて木材の質感がなくならない程度にクリアーを数回塗り重ねて、乾燥後に表面を軽く研磨。

表面は木材の質感を残しつつそれなりに映り込みもあるくらいの塗膜・光沢。

表面は木材の質感を残しつつそれなりに映り込みもあるくらいの塗膜・光沢。

裏面。ボディトップ側のネジ位置はエボニーの板材で補強を入れてあります。左側の四角の部分はブラケットを取り付ける部分。実際にギターに取り付ける際はフェルトのクッションも貼ります。

裏面。ボディトップ側のネジ位置はエボニーの板材で補強を入れてあります。左側の四角の部分はブラケットを取り付ける部分。実際にギターに取り付ける際はフェルトのクッションも貼ります。

試しにギターに載せてみました。あとはブラケットを何とかしなければ・・・。

試しにギターに載せてみました。僕好みの見た目になりました。あとはブラケットを何とかしなければ・・・。

ブラケットは既製のES-175タイプで合うだろうとタカをくくっていたのですが、元々P-1のボディに開いているネジ穴を生かす場合は合わないことが判明。おーまいごっど。せっかく取り寄せたのに・・・(T0T)

・・・そういうわけでブラケットも自作します。実は上の塗装前にこの事は判明していたので、どういう仕様にするかはすでに検討済みで材料の手配も済んでいます。それらが届いてから作業再開となります。ずいぶんコストもかかってしまいましたが、その分完成も楽しみです。

広告

先日まで行っていた60年代のChaki P-1のメンテの続き。今日は前回新しく打った1~20フレットの擦り合わせの後で0フレットも打ち、その上で前フレットの仕上げ研磨を実施。

本日の作業完了時の写真。0フレットも打ちました。

本日の作業完了時の写真。0フレットも打ちました。

今回は指板修正した上で新しいフレットを打っているので元々高さはほぼ揃っていましたが、それでも若干の高さの違いをフレット上面を少し削って修正。上面を削るとどうしてもエッジ部分ができてしまうのでさらにエッジを丸くなるように削って形を整えます。

フレットの高さを合わせた後でサイドを削り落として形状を整えている途中の様子。フレット上面の赤い部分は平らなになっている部分。高さを揃える工程よりこちらの方が時間をかけています。

フレットの高さを合わせた後でサイドを削り落として形状を整えている途中の様子。フレット上面の赤い部分は平らさを保つ幅。一番左のフレットはまだエッジを落としていない。

 

擦り合わせ、フレット形状出し、0フレット打ち込みが完了して前フレットを仕上げ研磨した後。

擦り合わせ、フレット形状出し、0フレット打ち込みが完了して全フレットを仕上げ研磨した状態。指板のインレイ部分に複数の大きな隙間ができていたのでそれも埋めてあります。

あとはナットを取り付けて完成!・・・と考えて作業を進めてきていたのですが、そういえばこのギター、入荷時にはピックガードが欠品していました。なしのままでも問題はないと思いますが、ピカピカに磨き上げたフレットを見ていると「ピックガードを付けた状態も見たい」という気持ちになってきます。さて、どうしたものか。

ピックガードは欠品していました。ないとサミシイ。

そういえばピックガードは欠品していました。ないとサミシイ。