「Gears」カテゴリーのアーカイブ

Heavy Gauge Guitarsではギターなどの出品の際にウェブサイト上で文章と写真での説明に加えてなるべく動画(YouTube利用)もアップしています。今回はその動画撮影の際のアンプやエフェクターのセッティングの紹介。

使っているアンプはFender Vibro King。ギターからまずゲインブースターのBB Preamp、そしてメインの歪となるWEEHBO Effekte JTM Drive、次にバッキングを録るためのT.C Electronic Ditto Looper X2。ルーパーにはアウトプットが二ついていますが、一個はVibro Kingに、もう一個はチューナーにつながっています。

Fender Vibro King。

Fender Vibro King。

ギターとアンプの間につながっているペダル。

ギターとアンプの間につながっているペダル。

アンプやエフェクターですが基本的にどのギターでもなるべく同じセッティングにしています。なので例えば他のギターの動画と比較することでギターの特長の違いを考察することができると思います。またEQ類はアンプ、エフェクターともにすべてセンター、アンプについているリバーブやトレモロ、FATスイッチ(Midを持ち上げるスイッチ)はOffにしています。つまり動画でのサウンドは中立的なイコラインジングとなっているので「より好みのサウンドに音質調整する余地がある」ととらえていただいて構いません。音の評価は個々人でかなり異なるものなので私の主観による最良の音にするよりも、音質調整の余地を残した中立的な音の方がそのギターの検討をする方には良いかと思ってこのようにしています。

ギターからはまずゲインブースターのBB Preampに接続。BB Preampは比較的ハードな歪みのサウンドを出す時のみOn。

BB Preampのセッティング。ゲインブースターとしてつないでいるので基本的に歪み(Gain)は0。例外的にローパワーのギターでハードロック的なサウンドにする場合は少し上げますがそれでも8時くらいまで。EQはセンター固定。

BB Preampのセッティング。ゲインブースターとしてつないでいるので基本的に歪み(Gain)は0でVolumeはフル近く(ギターの出力によって微調整)。低出力のギターなどでゲインブースト時に歪が物足りない場合のみGainを加えます。EQはセンター固定。

BB Preampの次にWEEHBO Effekte JTM Drive。これがメインの歪になります。プレキシマーシャル風のサウンドですが、そんなに歪むペダルではなくクランチ~オーバードライブといったくらい。アンプのレンジの広い歪になるべく近づけたいのでXotic Voltage Doublerで18Vに昇圧して駆動。

プレキシマーシャル風の歪みのWEEHBO Effekte JTM Driveをメインの歪にしています。アンプの歪に近いレンジを稼ぎたいのでXoticのVoltage Doblerをつなぎ18Vで駆動させています。

プレキシマーシャル風の歪みのWEEHBO Effekte JTM Drive。EQはすべてセンター。ミニスイッチはMidのフリーケンシーの切り替え。これもセンターにしています。左上の青いLEDの機材が9Vを18Vに昇圧するXotic Voltage Doubler。

ここまでは歪セクション。この次につないでいるのがバッキングを録音して再生するルーパー。

t.c.electronicのDitto LooperX2。演奏中に2度押しなど複雑な操作は苦手なので録音と停止を別のスイッチできできる機種にしています。

t.c.electronicのDitto LooperX2。演奏中に2度押しなど複雑な操作は苦手なので録音と停止を別のスイッチできできる機種にしています。

ルーパーはステレオアウトなのですが、一方はアンプにもう一方はコルグのチューナーにつないでいます。

KORGのチューナー。動画の画面では写りませんが、トレモロアームの安定性をこれでチェックする場合があります。なのでポリフォニックタイプ。

KORGのチューナー。トレモロアームの安定性をこれでチェックするのに便利なポリフォニックタイプです。

そして最後にVibro Kingにインプット1に入力。

アンプのセッティング。ボリュームのみギターによって適宜。EQは写真の通りセンターで固定。

アンプのセッティング。ボリュームのみギターによって適宜。EQは写真の通りセンターで固定。アンプは完全にクリーンで使用しています。

以上のようなセッティングで演奏しています。クリーンサウンドのデモでは歪系のペダルはすべてOff(True Bypass)が基本ですが、フルアコなどの場合は先のエフェクトはつながず直接アンプにプラグインの場合もあります。アンプのボリュームはだいたい聴感上の音量によって調節します。2くらいが多いですがLip Stick PUのように出力がかなり低いギターの場合は3くらいでちょうど良いこともありました。

録画のほうはZOOM Q4で撮影、音も内蔵のマイクで取っていて今のところ音声を別撮りして合わせたりはしていません。音質的には後者が圧倒的に良いわけですが、今のところ時間に余裕がないので・・・撮った動画は基本的に無編集でそのままYouTubeにアップロードしています。なので実際の音に比べると少ししょぼい音になるのは否めません。この辺は今後の課題です。

ZOOM Q4。マイクは内蔵のものを使用。

ZOOM Q4。マイクは内蔵のものを使用。

広告

再び残業で作りましたよ2号君。

これだ⇓

1号よりもスイッチがいっぱいな2号。

1号よりもスイッチがいっぱいな2号。

エフェクターではないのです。「キャパシタ比較君2号」なのです。1号君は一般的なハイカットタイプのトーンに使用するキャパシタを比較するのを目的にしていましたが、2号はテレキャスターによく見られる仕様の「ハイパスボリューム」や、G&Lなどにみられる「ローカットトーン(ローカットコントロール)」、そしてFenderジャガーなどにみられる「ローカットフィルター」に使用するキャパシタの比較が任務です。どれも実際に自分のギターに導入するとなると、「改造してみないと結果はわからない」「改造してしまうと改造前と後の比較はできないのでよかったかどうか判断しにくい」という事がありますが、できれば事前に好みの音になるのに適切なキャパシタを調べたいものです。というわけで誕生した今回の2号君なわけです。1号君に比べれば出番は少なそうですが、兄弟で頑張ってほしいものです。

中の配線はこんなんです。⇓

1号君よりはちょっと複雑。スイッチが5個もある。

1号君よりはちょっと複雑。スイッチが5個もある。

キャパシタ比較君1号&2号。兄弟で頑張ってくれ。

キャパシタ比較君1号&2号。兄弟で頑張ってくれ。

これは何?・・・キャパシタ比較君1号です。エフェクターではありません。

何コレ?・・・キャパシタ比較君1号です。エフェクターではありません。こいつでキャパシタを比較するのだ!

「エレキギターのトーン回路に使われているキャパシタ(コンデンサ)という部品、その種類によってトーンの効き方が変わる」という話はご存知の方も多いと思います。

そんなキャパシタですが、実は交換しても元々と同じ容量のキャパシタに載せ替えた場合は、劇的に音が変化するものではなく、ほとんどわからない場合も多いと思います。ただ、「高級なパーツに交換する満足感」もあって、たとえ機能的には大差なくてもちょっと贅沢なアップグレード的改造としても(音の変化を感じなくても)楽しめるものなのではないかと思います。有名なOrange Dropやその他のオイルキャパシタなどその手の人気キャパシタは、もともとついていた小さなキャパシタに比べかなり大きく存在感があるためか、付け替えた回路を見てるだけで嬉しくなってきてしまうものです(私だけ?)。見えない部分の改造だけに自己満足度も高く、「音はよくなったハズ!」といった自己暗示度も高いかも。あるいは「見えないところにも気を使うのがホントーのおしゃれなんだぜ!」というのも当てはまるかもしれません(?)。

キャパシタ交換に機能的な意味での変化を求める場合はオイルとかフィルムとかセラミックといった種類だけでなく「容量」も変えてみると面白いと思います。例えばトーンを絞った際の音が「こもり過ぎ」だと感じるなら、容量が小さいものに交換するとこもり感の緩和が期待できます。NOS(New Old Stock、製造から年数が経過したもの)キャパシタに交換することで「高域の抜けが良くなった」という話がありますが、これは経年劣化によってそのキャパシタの容量が表示値よりも小さくなったことが一因になっているのではないかと思います。視点を変えるとオイルキャパシタなど旧世代のものは現在の主流に比べれば劣化しやすく、それによる音の変化もその味としてあるのかもしれません。

前置きが長くなりました。このキャパシタ比較君1号はキャパシタごとの「トーン機能の違い」を比較するために作ったものです。前から「面白そうだ」と思って部品だけは揃えてあったのですが、昨日配線に手を付けたSRVストラトのキャパシタが通常のストラトと違う容量で、「そのまま同じ容量のキャパシタ(0.022μF)にするか、それとも通常のストラトと同じ容量(0.047μF)に変更するか」を検討する必要が出て、良い機会なので昨日閉店後に突貫で製作。見た目はエフェクターですが、そんなたいそうなものではなく中身はスカスカです(笑)。要するにギターのトーン回路をエフェクター的に外付けにできるようにして、あとはギターの種類や比較するキャパシタを切り替えるスイッチなどです。2組のワニ口にそれぞれキャパシタをつないで適宜スイッチ操作すると上部のつまみがギターのトーン(ハイカットフィルター)として機能します。

中身はこんな。⇓

すかすかだ。もっと小さい箱でもよかった・・・

すかすかだ。もっと小さい箱でもよかった・・・

わざわざPOTのカバーにアース線を付ける配線にしてるのは通常のギターの回路とできるだけ同じ形にしたかったからですが、そこまでしなくても良かったかな?でも、こんな単純なものでも作ってみると面白いもんですね。エフェクターの自作する人の気持ちもわかります。

ところで「1号」というからには・・・当然「2号」の企画もあったりします。

CAJシールド

Custom Audio Japanのシールドを使っています。「素直で比較的フラットな音」と言われているシールドですが、「とり回しの良さ」でも優れていてライブなど実戦向きだと思います。プラグも信頼できるスイッチクラフト製。

CAJの前は定番のカナレを使っていましたが、あるとき「シールドで音が変わる」という話を聞いて当時販売されていた高級なシールドをいくつか試したことが発端でCAJを気に入りました。

当時メインだった激しく歪んだサウンドでは音の違いはほとんどわからなかったのですが、クリーンでは確かに変わる気もしました。でも、はっきりとはわからないので、とりあえず「自然な音」という条件で勧められたGeorge L’s(赤)とEX-Pro、そしてCAJの3種を購入。しばらく違いが分からないまま混ぜて使用しているうちに音ではなく使いやすさの点でかなりの差を感じました。CAJはしなやかで絡まりにくくて取り回しがよいのでギターから最初のエフェクターまでが定位置になりました。実はカナレもその点は優れていました。
一方、GeorgeL’sとEX-Proはシールドに癖がつきやすく使いにくさを感じました。また、George L’sは音が出なくなることもありました。自分が動き回ることで癖のついたシールドに引っ張られてプラグ内で断線を引き起こしていたようでした。簡単に直せるのですが、練習中やライブ中に断線すると困るので家用に。EX-Proは音が出なくなるようなことはなかったのですが、CAJに比べるとシールドが硬くて癖がつきやすく、やはりとり回しに難があり家用に。どちらも音質面では高評価を得ている製品なので使い方次第では良いものだと思います。

CAJを使用するようになってから演奏する音楽スタイルも歪みサウンド中心のハードロックからクランチやクリーンをメインにしたブルースなどもやるようになってきました。ある時、ふと思い出してシールドの比較をやってみたところ数年CAJでやってきてその音に慣れていたためか、以前使っていたシールドに替えると音が少し曇ったような印象を受けました。言い換えるとCAJの方が少しレンジが広いということかと思います。

ここ数年高級シールドについて雑誌で特集が組まれたり、ムック本なども発売されていてこだわる人も増えているみたいです。私も他に気になるシールドがありますが、CAJを気に入っていますし、演奏力で機材のマイナスもカバーするべきだとも思っていて、その点でシールドの音質差はそれほど大きなものではないし、積極的に他のシールドを試そうとは思っていません。
…でも、試してしまうと他の良さに気付いて変えてしまうかも・・・

 ↓ギターから最初のエフェクターまでは7m。プラグは一方がL。

 シールド1

 

今はエフェクターボードのパッチケーブルも全部CAJ。市販品でも長さ、プラグのタイプ違いで豊富に種類があるのもCAJのありがたいところです。

↓片方がL、もう一方がIプラグのタイプ。

ILパッチケーブル

↓LLプラグのタイプ。

 LLパッチケーブル

 
問題もあります。シールド類はシステムが大きくなるとどうしても本数が多くなり、お金もかかります。一本一本も安くはないですし・・・たぶん、自分のシステムはシールドの費用だけで2万円以上は使っています。これまで買ったシールド代は総額で・・・考えるだけで恐ろしい額です。コスト考えると頭がいたいですね。

パッチケーブルは市販品だ長さが少し余分だったり、曲がった状態でつなぎっぱなしになるので万一の断線のときのために予備もほしいところです。そういったことも考えると切り売り用のロールで買って自分で必要な長さのものを作った方が安上がりだし、よりシステムに合わせられるので良いかもと考えてます。今度作ってみようかな。

かぽ2

25年にわたって愛用しているYAMAHAのブラス製のカポです。ギターを始めて間もない所属していた高校のギター部の備品であったゴムバンド式のカポよりもこちらの方が押さえ方の加減ができるし、見た目もかっこいいし、音もよさそう!っところ、結構無理をして買いました。先ほどネットで検索したらまだ同等商品が健在でした。型番はCP-200(私が購入した当時と同じ型番かどうかは分かりませんが、物はほぼ同じです)。意匠も変わってません。25年も売られている以上、完成度の高さは折り紙つきですね。廉価版でダイキャスト製のCP-100というのも今はあるみたいですが、私が購入した当時も、同じ形で高いのと安いのがあって、材質は覚えていませんが、高い方がきれいに磨かれて金ぴかだったのを覚えています。その金ぴかの方を買ったのですが、25年目の現在では写真のように表面の酸化が進んでくすんでいます。コンパウンドで磨けばまたきれいになるとは思いますが、これはこれで自分の歴史が感じられて気に入っています。

かぽ2

錆で分かりにくいですが、かすかに「YAMAHA」と入ってます。

CP-200-0001←新品だとこんなにキレイ。

 

CP-200のレビューで「他のカポより音がよい」というコメントを見かけました。確かに、弦に合わせて押さえ加減をリニアに調整できますし、音響特性が優れているということで管楽器に使われるブラス製で音響的にも良いのかもしれません。

また、このカポは楽器に傷が入らないように配慮もされていて、ネックに当たる部分は皮がはってあります。この仕様も現在でも変わっていないですね。

かぽ1b

↑ネックの背とサイドの部分にあたっても傷が入りにくいように、革が張ってあります。

カポは主にアコギで解放弦を上手く使えるようにキーを変える手段として使うものだと思いますが、私の場合はストラトのネックエンドのトラスロッドを回す際にコイツで弦を押さえています。弦を張ったままでもトラスロッド調整ができるので重宝しています。この方法はプロのリペアマンも常用している方法で、他のカポでもいけます。(後日その方法については写真入りで「メンテナンスグッズ」のカテゴリーでレポートしたいと思います。)

 

さすがに25年も経っているので、弦を抑えるゴムの部分の劣化が激しくなっていますが、交換用のゴムも売っているので、安心してこれからも使っていこうと思っています。

 

このカポを購入したばかりの頃はカポと言えば、このCP-200か、ゴムバンド式で数段階で締め具合を調整するものしか店頭では見かけなかったと記憶しています。アコーステイックギターのプレイヤーでも使用している人は結構見かけていました。でも、今は他にも使いやすそうなカポがいろいろ出ていて、全然使っている人見かけなくなりました。今よく見かける取り付けが簡単そうなカポに比べればCP-200は取り付けがちょっとだけめんどうかもしれません。でも、少なくとも25年以上、ほとんど形が変わっていないという実績はスゴイですよね。一生モノの道具だと思います。

 

 

 

 

デルリンピック

Jim Dunlopのデルリン製ピック。一番左の1.5mmが私のメインでかれこれ20年近く愛用しています。イングヴェイもこれを使用していて、シグネチャーモデルもありますが、真似をしたわけではなくて、学生の頃色々なピックを試していて最終的に落ち着いたのがこのピックでした。イングヴェイはその後2.0mmにシフトしたみたいですが、私には1.5mmが最高。滑りが良く、弦に当たった時のカンカンという音が比較的小さいのが気に入っています。あと、ラベンダーの色も◎。音には関係ないですが。

最近は尖った方でなく、丸い部分(亀の頭方向としっぽ方向)でも弾いています。こうすると、カンカンという音がさらに小さくなり、音に丸みが出ます。実はStevie ray vaughanがやっていた方法ですが、結構音が変わるので面白いです。SRVは「太い音が出る」と言っていましたが、その通りです。ピックも長持ちしますし。ただ、このやり方をする場合は、ピックのエッジのバリを落としておく必要があります。バリがあるのはデルリンピックの面倒な点です。ちょっと削れば済むので大した問題ではないけど。

1.14mmと.96mmはアコギ用です。薄いピックだとドンシャリな音を出しやすくなるので、バンドなどで歌のバックに徹する時には薄めのピックで行きます。また、トレモロピッキングのときも薄い方を使っています。

楽器店で試奏をするとき、用意されているピックにこの1.5mmはめったにないので、楽器屋に行く時は一枚持っていきますが、「マイピックまで用意してタダ弾きにきやがった!」とか思われるのがいやなので、最近は指弾きで済ませてしまいます。指弾き自体に慣れてきたっていうのもありますが…。

臆病なオイラ…。

Gear2:BOSS BR-80

Posted: 2014年2月4日 カテゴリー: Gears
タグ:, , ,

BOSS BR80

ちっちゃいけどデジタル8tr、エフェクトやメトロノーム、内蔵マイクも備えているMTRです。私にとっては2台目で、これの前はローランドのVS-840EXという最も初期のデジタルMTRがMTR第一号です。15年くらい前だったと思いますが、VS-840EXが発売された当初は衝撃でした。それまではカセットテープの4trのものがアマチュア向けに普及していたと思いますが、一気に高音質化、ホームユースのプロレベル化(大げさ?)が進んで購入当時せっせと曲作りした思い出があります。シーケンサーなんかも導入してました。

今はあんまりこった曲作りしなくなっていて、しばらくMTRは使わなくなっていたところへBR-80が発表されました。当時参加していたバンドでもオリジナル曲を作ろうという話になっていたし、練習の録音もしたいしで、手軽なデジタルMTRというのちょうどよく、早速購入しました。(もう2,3年前の話ですが)

VS-840EXもすごかったのですが、BR-80はもっと手軽に使えるという点で秀逸で、しばらく好きな曲をギターだけで適当に多重録音して遊んだりしていました。YouTubeにもアップしている以下3曲がそれです。エレキはマイクを立てて録音していますが、アコギは全部内蔵マイクで済ませています。

操作性も非常に良くて、コンパクトな分スイッチ類が小さいなと思うことは時々あるのですが、前のMTRにあったぷプロ的(?)なややこしい操作は少なく、必要最小限のことは直感的にできます。内蔵マイクでちょっとした録音が手軽にできるのもポイント。広告の売り文句にもなっている通り、曲のアイディアを簡単にまとめられるような機能がまとめられていてギタリストなら1台持っていて損はないと思います。といって発売から2年以上経過していますから、そろそろ後継機種が出るかな?

個人的にはコンパクト機はBR-80で大満足なので、B5のノートPCサイズくらいでシーケンサーの機能を強化した機種があるといいなぁ。BOSSさん、BR-800の後継機種も出してくださいな。

Gear1:ZOOM Q4 ②

Posted: 2014年2月2日 カテゴリー: Gears

先週に少しだけ試した見たQ4ですが、今日も撮影してみました。先週はインプットゲインをマニュアルで3段階の真ん中Mに設定して少し物足りなかったので今日はその上のH設定で色々撮ってみました。楽器はDaddarioEJ18 Heavy Gaugeを張ったアコギ(YD62E)です。やはりHの方が音量が満足できました。ただ、YouTubeにアップした動画でもわかると思いますが、強く弦をはじいたときに音が少し割れる感じがあります。3段階でしか調整はできないので、もう少し楽器からカメラを話した方がよさそうです。デジタルズームが一段階だけ可能なので、その状態で合う距離で撮るとちょうどよいかもしれません。しかし、セルフ撮影の場合は座ったままでは録音ボタンに手が届かないかな?まあ、いろいろ試し手使いこなせるようにします。音はさすがエフェクターメーカーのズーム、満足です。

↓強くはじいている部分が少し割れ気味。見方によっては気にならない程度?

Heavy Gaugeを導入してちょうど一カ月過ぎたのですが、まだ細かいフレーズや強弱が自分のイメージから離れていて弾き切れていないのが撮影した動画を確認していてよくわかりました。YouTube動画撮影目的で購入したけど、練習のお供にも良い!

↓今日はルパン三世のテーマを練習しました!YouTubeで検索すると、同じ曲がすでにたくさんアップされています。すごい人がたくさん!もっと上手くならねば!

ソロギター面白くなってきました・・・

Gear1:ZOOM Q4

Posted: 2014年1月26日 カテゴリー: Gears
タグ:,

カメラを新調しました。ZOOM Q4です。これまでは(最近騒音問題で撮影してなかったけど)、ミラーレス一眼レフで動画、同時にMTR(BOSS BR-80)で音声をとってあとからWindowsに入っているMOVIE MAKERで合成していました。動画撮影の目的はYouTubeへのアップなので音質追求には限りがありますが、スマホや普通のデジタルビデオカメラだと音があんまりにも実際の音と変わってしまうので、このような方法をとっていました。とはいえ、MTRと言っても、本格的にマイク立てて取っているわけでなく内臓マイクで少し離れたところで録音していたのでやはり実際の音とは違います。でも音の傾向というか、キャラクターは比較的再現できていたのでそうしていました。

以前札幌で組んでいたバンドCANNABISの相方のギタリストがZOOMの全世代の録音カメラを使っていて、その動画の音が良かったので、「次世代が出たら自分も買うべ」とひそかに狙っていました。ところが、去年後半くらいからでしょうか、sonyが、ZOOMに先駆けてこれは!と思う機種を発表しました。しばらく様子を見ていましたが、評判はおおむね良好で、正直心が揺れました。遅れてZOOM Q4も発売になり、両方を比べて結局Q4にしました。YouTubeでも両機種の検証動画が出ていますが、音の違いは決定打にはなりませんが、モニターが回転でき、自分撮りが非常にやりやすいことと、普通サイズのSDカードで、元々持っているメディアが使えるのが決め手でした。

早速ですが、適当に録画してみました。GainをAutoにすると少し音量が小さい感じがしたので、manualでMに設定して録画しています。まだ音量は小さい感じなんでもっと上げてHでもよさそうな感じです。ギターは最近記事にも上げたダダリオノヘヴィゲージを張ったアコギです。椅子を立たなくても録画ボタンに手が届く位置にカメラを三脚で設置して撮っています。

次の休みにはもっと色々録画して、使い方を習得したいと思います。