Greco Flying V Type 1982年製 レストア ① Before

Posted: 2017年11月22日 カテゴリー: ギターショップでの一日
DSCF9833

82年製のグレコVタイプのレストア前の状態。

父親から息子に引き継がれて、その息子さんからレストアの依頼をいただいた82年製のグレコFlying Vタイプです。今回主な作業は全体的に堆積・付着している汚れや錆びの除去、音が出なくなったリアPUとボリューム、トーン、ジャックなど電気パーツの交換。フレットの減りはありますが、フレット表面の腐食を取り除けばまだそのままでも十分弾きこめると判断して擦り合わせはなし。ブリッジの汚れがすごいのですが、オクターブ調整や弦高調整は問題なくできる可動性もあり前述の電気パーツ以外はほぼ交換なしでいけそうですが・・・細かい部分は作業を進めながらです。今日はまず解体と各所のチェック。

ボディトップ。元々は白系の塗装だと思いますがかなり焼けていて渋い色合い。傷のようなものも多数みられます。それに汚れの固着、埃の堆積が多数。アンプにつなぐとリアPUは音が出ません。ボリュームとトーンはひどいガリがあります。ジャックはクリーニングだけで使いまわしできそうですが、依頼者はライブプレイヤーで現場での安心ドを高めるためスイッチクラフトに交換します。がたつきの大きいスイッチも同様。ピックガードを止めているビスは頭が完全に錆びていて、ネジを絞めるとき&緩めるときになめてしまいやすく、さびの粉も出る状態。

DSCF9843

指板。フレットの減りは経年数の割に少ないのですが、弾かなかった期間がかなり長かったためフレット全体に青錆びが付着。フレットの端には汚れが堆積して固着。画像だとわかり難いですが指板は乾燥していてカサカサになっています。

全体的には汚れと電気パーツの劣化・故障がある程度で長い年月放置されていたギターとしては比較的良好な状態にしやすい感触です。さらに解体してゆきます。

DSCF9861

ピックガード・電気パーツを外したところ。ピックガード下の色合いと焼けた部分の色合いの違いが分かります。焼け以外に汚れもついています。硯のようなキャビティーはかなり浅くなっていて電気パーツの取り付け時に注意が必要かと思います。

 

DSCF9871

ピックガードとトラスロッドのプレート。ブリッジの下やノブ回りなどは付着した汚れも多いですがこれらは掃除すれば綺麗になります。プラスチックの内部まで焼けが浸潤していて、新品のようなきれいな状態への復帰は困難ですが、使い古した渋い感じ(汚れた汚い感じとは異なります)には仕上げられそうです。樹脂パーツは経年劣化による変形も心配ですが今回は一か所の亀裂がある以外は大丈夫そうです。ちょっと問題なのがリアPUを吊り下げるネジの穴。今回Seymour DuncanのJBに交換予定ですが、オリジナルのPUと比べてJBのネジが細く頭が小さくネジ頭の形も異なるのですが、そのままではマウントできないかもしれません。これは実際に組立の際に必要の応じて手を加えます。

 

 

DSCF9876

取り外したフロントPU。グレコオリジナルの「Screamin」というPUです。ポールピース表面の錆びやボビンの隙間に堆積した埃汚れがありますが、この状態でPUとしての機能は正常でした。なのできれいにして再利用します。リアも同じPUが搭載されていましたがこちらは音出ないので依頼主さんのご要望でSeymour Duncan JBに交換します。

 

DSCF9857

ブリッジとテールピース、スタッド等。表面の緑色は汚れもありますが、青錆びもあるでしょうか。ブリッジもすごいことになっていますが、この状態でサドルの可動性は問題なし。ブリッジ高調整のホイールがスタッドの上端の錆びが原因で外れなかったのでスタッドごとボディから取り外しました。そうしないとピックガードが外せない仕様です。この部分はさびを除いてスタッドをボディに残したままピックガードの取り外しができるのが通常の状態なのでそれを目指します。

 

DSCF9844

ヘッド。こちらもボディと同じように塗装の焼けと付着・堆積した汚れでこの状態。ペグはメッキの腐食しまくっているように見えますが、カバー表面に付着したヤニのような汚れがメインで、手間はかかりますが汚れを取り除けば大分きれいにできそうです。シャフトには錆びが出ている箇所も散見されまが深くまで浸潤はしていなさそう。ペグとしての動作は全く問題なし。ペグを止めているビスは頭が錆びています。

 

DSCF9864

ペグとロッドカバーを外したところ。スゴイ埃が付着しています。ナットも汚れが堆積。ブッシュはまだ残っていますが、もちろん外してからクリーニングします。

 

DSCF9865

取り外したペグ。えらい汚れでめまいがしそう・・・。でもメッキ内部まで腐食・錆びが浸潤していないので綺麗になります。なりますが・・・ものすごーく手間はかかります(T0T)。

今日はここまで。後日実際にクリーニングと再配線、組立てです。

広告
コメント
  1. […] Greco Flying V Type 1982年製 レストア ① Before 2017年11月22日 […]

  2. […] Greco Flying V Type 1982年製 レストア ① Before 2017年11月22日 […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中