70年代前半製造のGreco EG420をレストア!つづきです。

前回の記事70年代前半のGreco EG420 レストアBefore After①徹底的にお掃除!の続き。

本日は電気部分と組み込み、弦を張って調整まで。

もともと搭載されていたピックアップ。ジャパンヴィンテージマニアは大喜びしそうですが、残念ながら断線していて交換を余儀なくされました。

PUは予算を押さえるために中古品利用。フロントが以前TokaiのセミアコのPUをTokaiオリジナルからGibson57Classicに交換されたお客様から不要になったTokaiオリジナルを下取りさせていただいたもの。モデル名はPAF MkⅡだったかな?いずれにせよオーソドックスなPAF系でフロントにもってこい。リアはだいぶ古かったため値段も格安のSeymour DuncanSH-4 JBがあったのでそれをチョイス。JBはリア用大定番でフロントPAF系+リアJBというのもオーソドックス。ちょうど中古があってラッキー。後述のシングルサウンドも出せるように配線するうえでも4芯で好都合でした。エスカッションを止めるビスは元々のものはサビだらけで再利用できなかったのですべて新しくしました。その際、ボディ側のネジ穴部分が薄いのと(このギターホロー構造でトップは薄いのです)、穴のサイズがスカスカになっていたので新しいビスは少し大き目のものに、それに合わせエスカッションのネジ穴も加工を加えています。

元々のPOTとキャパシタ。シールドケーブルが使われているあたり日本のメーカーだなあと思います。残念ながらこちらも動作はよろしくないので全交換。

新しいコントロールの配線。オリジナルは「PU⇒2Vol/2Tone⇒PUSelecter⇒ジャック」ですが、今回は「PU⇒PU Selecter⇒1Vol/1Tone⇒ジャック」に変更、通常はトグルスイッチはショルダー部につけてそこまでの長い配線の往復もありますが、今回の変更でその長い配線もなくなり簡素化。使用するスイッチは通常のものはキャビティ内に収めるには向きを斜めにしないと入らず、それだと切り替えがやりずらそうなので今回はミニスイッチを使用(値段も安いし)。あと、持ち主さんが現在はムスタングを使っていてシングルコイルのサウンドに馴染みがあるので、本機でもシングルコイルサウンドも出せるようにRear PUのシリーズ・パラレル切り替えスイッチも設置。「予算厳しい」という割に今回POTは贅沢にCTS、ボリュームは500kΩ、トーンは1MΩになっています。実は1MΩの方はいただき物なので予算的にもセーフ。通常はトーンも500kΩですが、前述のとおり「シングルコイルサウンドになじみのあるオーナー」なので、高域が逃げにくい1MΩが好都合とも考えました。

コントロール表側、スイッチの位置関係は画像に書き込まれている通り。レスポールタイプの場合、トグルスイッチは上下に動かすような向きにすることが多いと思いますが、今回はスイッチ二つとも左右に切り替えるようにしました。「ボディエンド側が高域寄りの音」となるように揃えるのと、実際のPUの位置とリンクさせる方が好都合かと思ってのことです。

コントロールキャビティのパネル。やはり元々のビスはサビでやられていたので新しいものに交換。ネジ穴もスカスカだったので新しいビスは径を少し太目にして、パネルのネジ穴も加工を加えて収まりよくしています。

ジャックプレートはさびを落とし、やはりサビだらけだったビスも新しいものに交換。ジャックは以前改造依頼のあったギターから外してまだ使えるのに行き場がなくなっていたかわいそうなSwitchcraftを取り付け。安い国産ジャックでも良かったのですが、やっぱり実績のあるSwitchcraftの方が安心感があります。貰い物なのでタダですし。

最後にネックを取り付け、弦を張り基本調整まで終えたところ。

配線を終え、ネック取り付け、弦を張って基本調整まで完了。ネックの若干の波打ちとフレット高のばらつきが少しありますが、1弦12フレット弦高1.5mmを確保、これで音詰まりもなく演奏できます。あとはこのまましばらく様子見、必要に応じて微調整を加え問題なければ完成です。さきほどアンプにつないで音も出してみましたがだいたい狙った感じになりました。ノーマルのレスポールタイプとは違いますが、これはこれで面白いギターです。今回は電装部の入れ替えと全体の掃除、調整のみなので、まだまだ改善できる余地も残っていますし、持ち主さんがこのギターを気に入ってくれれば、将来予算に余裕があるときにさらに手を加えても良いかと思います。

広告
コメント
  1. […] 70年代前半のGreco EG420 レストアBefore After➁配線、組み込み、調整! 2017年6月5日 […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中