Significant Point /Barbatosのギタリスト竹内剛さん 中指のチョーキング力がポイント

Posted: 2017年1月21日 カテゴリー: ギターショップでの一日, Uncategorized

表題のギタリスト竹内さん愛用のGibson Flying Vのメンテ(PUの交換と指板清掃、フレット磨き、他基本的な調整)を当店で任せていただきました。調整完了したギターを今日お店の機材で試していただいたのですが、その演奏がシェンカー節バリバリですごかったので動画を撮らせていただきました。

これだ⇓

竹内さんの演奏を見ていて気付いたのが、「ペンタトニックフレーズで中指チョーキングが頻出」ということです。例えばよくあるペンタトニックの1~3弦ボックスポジションで2,3弦のシンクロナイズドチョーキングを織り交ぜたフレーズですが、薬指のチョーキングを使用する人が多いと思います。僕自身そうなのですが、これは「異弦同フレットは同じ指を使用する」というフィンガリングが視覚的には合理的に思えるからだと思いますが、竹内さんに教えていただいたところ例えば2弦8フレット1音チョーキング、1弦5フレット、1弦8フレットをハンマリング+プリングのようなよくあるぺンタフレーズでシェンカーは2弦8フレットを中指(通常はここを薬指にする人が多い)でチョーキング、1弦8フレットは薬指でこなすことが多いそうです。シェンカーファンからは「そんなことわかってるぜ」といわれてしまいそうですが、僕は今日この事を学びました。もっとも中指でチョーキングするのは慣れていないですし、ストレッチ気味にもなるので鍛えないと竹内さんのようにはいかないと思います。竹内さんが帰られた後早速やってみたのですが、10年ぐらい練習積まないと・・・薬指を多用するフィンガリングに比べると同じ音使いでももっと滑らかなニュアンスにもなるように思います。これは取り組んでみたい課題!

上の動画で使用している機材はいつものデモ動画と同じで、Fender Vibro Kingクリーンセッティングで歪はWEEHBO Effekte JTM Driveの歪をメインに、Xotic BB Preampでゲインブーストしています。単純にプラグインしただけでEQはいじらずに弾いています(アンプもペダルもすべてフラットなまま)。ピッキング・フィンガリングともにしっかりコントロールできないと結構トレブリーになりがちなセッティングなんですが、それでここまで演奏できるのはうらやましいです。やっぱり手が大事なんですねぇ。

竹内さんは現在Significant Pointというパワーメタル系のバンドと、Barbatosというパンク・スラッシュ系のバンドに参加されています。Significant Pointではコンポーザー&ギタリストでCD発表の予定もあるとのこと。Barbatosは90年代から活躍しているバンドでCDも何枚か発表しているのですが、竹内さんが合流してからのCDもあるそうですのでご興味ある方は是非チェックを!

Significant Pointサイト ⇒ http://nanos.jp/significantpoin/

Barbatosの音源⇓

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中