非常にレアな70年代Navigatorのレスポール!

非常にレアな70年代Navigatorのレスポール!Gibsonにはない渋い色合い!

日本が誇るエレキギターメーカーESPが勃発したのは70年代。その初期の頃に製造されたLes Paul Customタイプ(上写真)のフレット交換をさせていただきました。流通していた数が非常に少ない珍しい機種で、僕自身実機に触れるのははじめてです。こういったギターが好きなマニアの方もおられるのでは・・・

フレット交換をしました。

フレット交換をしました。指板の修正も少ししています。

ナットはブラスナット。フレット交換に際し新調しています。持ち主さんはJohn Sykes好き?

ナットはブラスナット。フレット交換に際し新調しています。持ち主さんはJohn Sykes好き?

今回はフレット交換だけやらせていただきました。持ち主さんは新品で購入されて現在に至るまで所有されていて改造の痕なども見られますし、ネック折れの修理の履歴もあるいわば戦友のようなギターなのかも。

この時代はまだ堂々とダイヤアモンドインレイ!トラスロッドプレートにもLes Paul CUSTOMの文字。

この時代はまだ堂々とダイヤアモンドインレイ!トラスロッドプレートにもLes Paul CUSTOMの文字。

動画も撮ってみました。

PUはESP製のオリジナルでしょうか。カバーは取り外されています。ブリッジはゴトーで現行でも同じタイプがあります。通常と反対向きについていますが、これはお預かりした時からそうだったのであえてそのまま。好みの問題ですね。

PUはESP製のオリジナルでしょうか。カバーは取り外されています。ブリッジはゴトーで現行でも同じタイプがあります。通常と反対向きについていますが、これはお預かりした時からそうだったのであえてそのまま。好みの問題ですね。

今回フレットとナット、指板以外はいじってないのですが電気系などを改めてみるのも面白そうでした。なので電気系もちょこっとのぞいてみました。

おそらくPOTは国産。面白いのはキャパシタ。通常のレスポールタイプよりも容量が多い(ストラトに使うような容量のもの)オイルキャパシタになっています。この辺、制作者もこだわったのでは。

おそらくPOTは国産。面白いのはキャパシタ。通常のレスポールタイプよりも容量が多い(ストラトに使うような容量のもの)オイルキャパシタになっています。

ピックアップはおそらくESP製のオリジナルですが、年代を経て弾きこまれてきた個体なので生音の性質を反映しやすいPAF系に交換したらどうなるか興味深いです。レスポールは内部の配線の距離が長いので、配線をやり直してみたりも面白そう・・・おっと、僕のギターじゃなかった(笑)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中