Greco TE-380

Greco TE-380

ナット交換の依頼でお預かりしたかなり古そうなGrecoのシンラインモデルです。後年(と言っても70年代)のシンラインモデルTE-500は修理や調整の依頼で何度か見ていたのですが、今回お預かりしたこのギター、何やらところどころが違っていて、ネットで探してみたところどうやらTE-380という事がわかりました。TE-500の方は中古市場でも時々出てきますが、こいつはかなり珍しいようです。

ヘッド側にトラスロッドカバーがあります。ナットは当店で交換したものですが、オリジナルも写真と同じようにGibson風についてました。

ヘッド側にトラスロッドカバーがあります。ナットは当店で交換したものですが、オリジナルも写真と同じようにGibson風についてました。

ブリッジの形状が後年のものとだいぶ違います。PUはマクソン製で音を聴くとシングルっぽい雰囲気。分解しないと分かりませんが、中身はシングルかも。

ブリッジの形状が後年のものとだいぶ違います。PUはマクソン製で音を聴くとシングルっぽい雰囲気。分解しないと分かりませんが、中身はシングルかも。

弦は裏通しですが、後年のブッシュタイプではなく、ブロックになっています。

弦は裏通しですが、後年のブッシュタイプではなく、ブロックになっています。

シリアルナシの時代のものですね。

シリアルナシの時代のものですね。

持ち込まれた時はナットがガタガタで音もしっかり鳴らせなかったのですが、ナットを新設して調整しなおしたところイイ感じになりました。

古いからでしょうか、気持ちの良い音です。

⇓こんな感じです。

 

う~ん、古い楽器イイですね!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中