3月, 2016 のアーカイブ

DSCF5740

50th Anniversary American Deluxe Stratocasterです。残念ながらウリモノではなく、お客様からお預かりしたギター。フレットがかなりぼこぼこに摩耗していたため特価で購入したそうで、そのフレット擦り合わせをウチでやらせていただきました。Fender Samarium Cobalt Noiseless PU(SCN PU)、S-1スイッチを搭載して、スイッチでシリーズ接続(ハムバッキング)と通常のシングルコイルサウンド(このPUはハム構造だけど)を切り替えできます。

昨日フレット擦り合わせを終えて弦を張り、本日調整まで完了。音の方も確認してみました。

①クリーン。アンプはFender Vibro King。アンプのEQはすべてセンター。

 

➁クランチ。アンプのセッティングは①と同じ。歪はWEEHBO Effekte JTM Drive。JTM DriveのEQもすべてセンター。

 

③ ➁をBB Preampでゲインブースト。BB PreampのEQもすべてセンター。

 

広告
木製のエフェクターボードを制作。

木製のエフェクターボードを製作。

DSCF5695

後方からみたところ。

木製エフェクターボードを製作しました。サイズは横幅48cm、奥行き28.5cm、高さは(エフェクターを載せていない状態で)5cm。手前側の傾斜がつけられた部分に一列にエフェクターを設置、後方側の低い部分はパワーサプライやバッファーなどOn Off操作がない機材をセットするスペース。その上部に板を足せばエフェクターが増えて2列目の設置場所が必要になった場合にスペースを確保できます(その場合、2列目のエフェクターの下にパワーサプライなどが隠れる)。さっそく設置予定のエフェクターを置いてみると・・・

DSCF5694

実は当初、パワーサプライを手前の傾斜付きボードの裏に設置する構造を考えていたのですが、その構造だと3倍くらいの傾斜を付けるか高さを上げないと収まらず、それではエフェクターのon/off操作がかえってやりにくくなってしまうので却下。最終的に写真の形に落ち着きました。パワーサプライの横が空いていますが、小箱をセットしてピックなどの小物置き場にしても良いかも!?

使用した木材はおもに栗。栗は比較的安価で、硬さがあり、導管が太く木目がはっきりしていて色を付けた後も「木の雰囲気」がしっかり味わえると考えてのチョイス。

今回使用した栗の木の端材。厚さ15mmの材を使用。

今回使用した栗材。厚さ15mmの材を使用。

今回は組み上げてから着色して、フローリング用のウレタンクリアで仕上げました。色は「オーク」。

栗の木目、味わいがあってなかなかいい感じです(自画自賛)。