Telecasterのコントロールパネルを反対に!

Posted: 2016年1月31日 カテゴリー: Modify
タグ:, , , , ,
Fender Japan Aシリアルのテレキャス。コントロールパネルを反対に取り付け!

Fender Japan Aシリアルのテレキャス。コントロールパネルを反対に取り付け!

写真のテレキャス、Fender JapanのAシリアル(85~86年製)です。ピックアップやキャパシタ、使用に耐えなくなったオリジナルのスイッチを交換。合わせてコントロールパネルを通常と逆に取り付け。こうすることでスイッチ切り替えの際にボリュームを動かしてしまったりその逆の誤操作が起こりにくくなります。また、ボリューム奏法もやりやすくなります。先日、ライブに行った菊田俊介さんのテレキャスもこの仕様で、ボリューム奏法を多用していました。

「逆に取り付ける」といってもそのままひっくり返すとスイッチのポジションが逆になるし、ToneとVolumeの位置も反対になってしまうのでスイッチ、Vol.、Toneともに一度取り外して、再取り付け。

早速、音出し。

うーん、たのスィー。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中