70年代テレキャスターPU交換完了。

Posted: 2016年1月16日 カテゴリー: ギターショップでの一日
フロントPUをSeymour Duncan59へチェンジ。

フロントPUをSeymour Duncan59へチェンジ。

PU交換でお預かりしている70年代製造のテレキャスター。もともと改造されていて6wayサドル、PUの交換がされていて今回はフロントをダンカンの59に載せ替え。お預かりした時点ではDimazioのリックデリンジャーPUとなっていて、それがコイルタップ出来るような配線となっていましたが、今回は1芯タイプのシンプルなPAF系PUへの交換でミニスイッチの配線を外し、改めて59を取り付け。

それにしてもかなり貫禄のある外観で、ご来店されたお客様も本機を見て「おぉ~」と唸る方が何人かいらっしゃいました。

70年代のフェンダー特有の焼け方ですね。

70年代のフェンダー特有の焼け方ですね。

 

O様、いただいたメールアドレスにこちらからメールが送れなくなっております。本記事ご覧いただけましたら一度ご連絡いただければ幸いです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中