Gibson Les Paul Classic Premium Plus Mod.・・・ネット出品を待たずして

Posted: 2016年1月11日 カテゴリー: ギターショップでの一日
タグ:, , ,
本日セットアップした年季の入ったGibson Les Paul Classic。 Premium Plus Mod.

本日セットアップしたGibson Les Paul Classic Premium Plus Mod.

こちらの写真のレスポール、実は委託販売でお預かりしていて本日セットアップを終えてネット上でご紹介する予定だったギターです。たまたまご来店されたお客様がセットアップ中の本機を気に入ってくださって、そのままセットアプ終了を待ってお買い上げとなりました。そんなわけでお店のウェブサイトの商品紹介のページには載せることはなくなったのですが、見事な使用感と生鳴り、前オーナー様のこだわりが詰まった各部のモディファイが印象的でこちらのブログでご紹介させていただくことになりました。

PUはSeymour Duncan フロントJazz、リアAlnico Pro 2と出力抑え目で音の分離の良いチョイス。

PUはSeymour Duncan フロントJazz、リアAlnico Pro 2と出力抑え目で音の分離の良いチョイス。ギター本体の生鳴りが良く、相性抜群でした。歪んだ音も◎!

エレクトロニクスはかなりマニアック。トーンがプッシュプルスイッチになっているのですが、赤い基盤上のディップスイッチの組み合わせで通常のコイルタップからパラレル出力、数種類搭載されているキャパシタの切り替えなどが行えるようになっています。基本サウンドはもちろんギブソンのレスポールですが、これらによってかなり幅広い表現力を有します。

エレクトロニクスはかなりマニアック。トーンがプッシュプルスイッチになっていてPUのコイルなどの接続切り替えを行う仕組みなのですが、赤い基盤上のディップスイッチの組み合わせで通常のコイルタップからパラレル出力、加えて数種類搭載されているキャパシタの切り替えなどが行えるようになっています(トーンの効き方を変えられる)。基本サウンドはもちろんギブソンのレスポールですが、これらによってかなり幅広い表現力を有します。

前オ^ナー様はジミーペイジの大ファン。その証、ペグは本物の70’sグローバー!

前オーナー様はジミーペイジの大ファン。その証、ペグは本物の70’sグローバー!

実はネック折れの修復の履歴のあるギターでもあるので(勿論ちゃんと直してあります)お値段は無傷の同機に比べればかなりお安い設定でした。でも、上の写真のグローバーのペグや電気部分のモディファイの他テールピースもアルミ製に交換、摩耗したブリッジは新しい物に交換、ジミーペイジと同じスタイルのストラップも付属してしまうというお買い得感満載に一本でした。セットアップして、購入してくださったお客様とサウンドチェックも下のですが音もGood!!

僕も年季の入ったかっこいい外見と素晴らしいサウンドに売れてしまってさみしくなってしまいました・・・

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中