YAMAHA SG1000 オーバーホール終了!

Posted: 2015年12月4日 カテゴリー: ギターショップでの一日
タグ:
前から進めていたSGのオーバーホールが今日ようやく完了。

前から進めていたSGのオーバーホールが今日ようやく完了。

以前このブログでも書いていたYAMAHA SG-1000のオーバーホール、今日ようやく完了。

大雑把な作業内容としては以下の3つ。

①PU、トグルスイッチ以外の電気パーツを新しいパーツに刷新。

➁フレット交換、ナット交換

③全体調整、クリーニング

80年代のギターで、かなりフレットが凸凹になっていました。⇓

交換前のフレット。かなり凸凹です。

交換前のフレット。かなり凸凹です。

フレットの溝まで入り込んだ汗などのせいでしょうか、かなりがっちりと指板に癒着していてフレットを抜くのがかなり大変でした。また、そういった状態だったので、フレットを抜いた際の指板のめくれ、欠けなども多めに出ていてその修正にも時間をかけました。

フレットを抜いた後で抜いた後のめくれなどを修正後、指板全体を研磨して面を出しているところ。

フレットを抜いた後で抜いた後のめくれなどを修正後、指板全体を研磨して面を出しているところ。

指板の面出しの際、上の写真のように指板のエボニーの模様が出てきました。元々は真っ黒に染められていたようです。ただ、この後フレットを打って、指板の保湿処理をすると・・・

こんな感じにイイ感じの色合いになりました。

こんな感じにイイ感じの色合いになりました。

久々に動画も撮ってみました。

このYAMAHAのPUはハムとしてはかなりトレブルの効いた音が印象的です。

まだまだメンテナンス溜まっています・・・

今回のSG1000、持ち主さんは今月のライブで使用する予定とのこと。活躍に期待!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中