Fender Japan STR-110 配線、ネッククリーニング

Posted: 2015年11月28日 カテゴリー: ギターショップでの一日
タグ:, , ,

昨日から引き続きSTR-110のオーバーホール。元々国産のミッドブーストサーキットだったところをUSAのサーキットに入れ替えました。

左が元々の状態。日本製のミッドブーストの基盤はUSAに比べて随分小さいサイズ。音も違うようです。このSTR-110はFender Japanでは高級機に入る機種だと思いますが、ボックスタイプのスイッチやミニサイズのポットになっているのが意外。PUの配線があまりまくっているのは気持ち悪いので必要最小限の長さにカット。

左が元々の状態。日本製のミッドブーストの基盤はUSA(中央の写真)に比べて随分小さいサイズ。音も違うようです。このSTR-110はFender Japanでは高級機に入る機種だと思いますが、ボックスタイプのスイッチやミニサイズのポットになっているのが意外。PUの配線があまりまくっているのは気持ち悪いので必要最小限の長さにカット。ピックガードをはめ込んで、アンプにつないで音の確認。問題なし。

ネックをクリーニング。まずペグの汚れを落として磨き上げました。

綺麗になりました。

綺麗になりました。

ネック全体も汚れを落として、フレットも磨きました。綺麗に下ペグを取り付けてネック完成!

ネック全体も汚れを落として、フレットも磨きました。綺麗に下ペグを取り付けてネック完成!

今日はここまでで閉店時間。接客やネット経由での注文品の梱包と出荷手続きなどの合間に作業を進めているのでなかなか出来上がりません。明日には出来上がるかな?

このギター2点式のシンクロトレモロです。ちょうど合うサイズのストリングセイバーがあるのでそれを付けてみようかと思います。

ブリッジサドルにストリングセイバーを搭載予定。

ブリッジサドルにストリングセイバーを搭載予定。

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中