「和嶋慎治 自作エフェクターの書『歪』」発売!

Posted: 2015年10月31日 カテゴリー: ギターショップでの一日
タグ:, , , , ,
自作エフェクターの書!

自作エフェクターの書!

取引させていただいているChocolate Electronicsの堀野氏がかかわっている歪ペダルDIY本「和嶋慎治 自作エフェクターの書『歪』」が発売になりました。ステージ、レコーディングでも駆使しているという人間椅子の和嶋さん秘伝のペダル10種類を元ネタにペダル製作を実践しながら学べるという面白い内容。ここ数年のエフェクター自作ブーム(大袈裟かな?)に乗ってたくさんの自作本が出版されていてそれぞれ良い内容のようですが、やはり電気的な知識や配線の基本技術も必要なのでハードルは高い分野。興味はあるけど手を出しにくいと思っている方も多いハズ。でも、今回の「和嶋慎治 自作エフェクターの書『歪』」なら、初めての方でも自作でペダルを形にしやすい内容になっており、なんと書中の5機種についてはプリント基板付き!・・・ある程度の形が出来上がっている状態で製作できる選択肢も充実しているので、「電気のことやパーツのことはよくわからないけど、とりあえず自分で作ってみたい」という方にもお勧めの一冊。私も時間できたら作ってみようかな。

今週は月曜から今日の午前中まで所用山盛りだったのでかなり変則なスケジュールになってしまい、ギター・ベースのメンテはほぼ手付かずでした。今日の夕方になってようやく次の出品予定ベースのメンテに着手。

YAMAHAの5弦ベース。明日には出品できそう。

YAMAHAの5弦ベース。明日には出品できそう。

アルダーボディ、メイプルとナトーのマルチピースのデタッチャブルネックという本格的な仕様にも拘わらず、Made In Indonesiaでかなりリーズナブルな価格のBB425です。オリジナルでは2Volとトグルスイッチですが、前オーナーさんによってベーシストにはより馴染みやすいJazz Bassと同じ2Vol,Master Toneに変更されていました。ただ、古いパーツの使いまわしで再配線されていて、ガリや音が途切れることがあったので、ボリュームとトーンは総入れ替えを実施。いつもの通り、フレットを磨き、指板は保湿処理。さらに、もともとはフラットワウンドの弦が張られていたのですが、より一般的なワウンド弦に張り替え。・・・ベース弦はギター弦に比べるとかなり高価ですし、交換したPOTも日本製のしっかりしたものにしています。実際に売る値段を考えるとちょっとメンテにコストをかけすぎかもなんですが、せっかくの5弦ベースなんで手間かけました。

明日には出品できると思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中