Fender Japanのストラト、アップグレード的パーツ交換。

Posted: 2015年10月10日 カテゴリー: Modify
本日出品したFender Japan ST62-TX。

本日出品したFender Japan ST62-TX。

Fender Japanのストラト、ST62-TXを本日出品。同機の出品はもう何本目になるのだろう・・・Fender Japanの中では定番モデルで、これより低価格なストラトだとボディがバスウッドになるので、本家Fender のストラトと同じ木材構成のFender Japanだとこの機種がやはり定番でしょうか。

でも、電気パーツなど細かい部分が汎用パーツだったりもするので、今回のものについては「汎用パーツ」の部分をUSAと同様なパーツに全交換。また、スプリングは音の良さに定評のあるRaw Vintageに交換しました。

CTS POT、CRLスイッチなどUSA規格のパーツに交換。キャパシタは定番のオレンジドロップ。

CTS POT、CRLスイッチなどUSA規格のパーツに交換。キャパシタは定番のオレンジドロップ。

トレモロブロックをスティール製に。このブロック、汎用品のダイキャストブロックとは比べ物にならないくらい煌びやかな音です。弦のボールエンドが浅いところに止まるのも◎。Raw Vintageスプリングは汎用品より柔らかいので5本掛け。写真の状態で3弦開放が一音半ぐらいアームアップできるセッティングです。

トレモロブロックをスティール製に。このブロック、汎用品のダイキャストブロックとは比べ物にならないくらい煌びやかな音です。弦のボールエンドが浅いところに止まるのも◎。Raw Vintageスプリングは汎用品より柔らかいので5本掛け。写真の状態で3弦開放が一音半ぐらいアームアップできるセッティングです。

もう一本、同様のパーツ交換をしてからデビューさせようと思っているFender Japanがあります。

ST57-TX

ST57-TX

こちらはFender Japanのメイプルネックストラトの定番のST57-TX。62との違いは指板とピックガードのみ。偶然ですが、色は同じLake Placid Blue。こいつのパーツ交換が済んだら、62-TXと音比べしてみたいね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中