フロイドローズ下のスペーサー作成

Posted: 2015年10月2日 カテゴリー: ギターショップでの一日

お客様から預かっているフロイドローズタイプのトレモロのギター、ブリッジは激しくアームアップできるボディをザクった仕様なんですが、持ち主様はアームは使用しないとのこと。このブリッジを弦とほぼ平行の状態で固定するために、ザクリを簡易的に埋めるスペーサーをエボニー材で作成。

このブリッジ部分のザクリスペースを埋める。

このブリッジ部分のザクリスペースを埋める。

スペースを埋めるパーツはエボニーを削り出して作成。PU側のパーツはフロイドのスタッドで固定、リア側のパーツはビスで固定。

スペースを埋めるパーツはエボニーを削り出して作成。PU側のパーツはフロイドのスタッドで固定、リア側のパーツはビスで固定。

ブリッジを載せてみたところ。OKかな?

ブリッジを載せてみたところ。OKかな?

明日はこのエボニーパーツの微調整と他の部分のメンテ。

それからオベーションのエレガットを一本出品の予定。

オベーションのエレガットの扱いは今回で3本目。

オベーションのエレガットの扱いは今回で3本目。

明日は土曜日ですが、出張買取りのため14時オープン予定です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中