これは何?・・・キャパシタ比較君1号です。エフェクターではありません。

何コレ?・・・キャパシタ比較君1号です。エフェクターではありません。こいつでキャパシタを比較するのだ!

「エレキギターのトーン回路に使われているキャパシタ(コンデンサ)という部品、その種類によってトーンの効き方が変わる」という話はご存知の方も多いと思います。

そんなキャパシタですが、実は交換しても元々と同じ容量のキャパシタに載せ替えた場合は、劇的に音が変化するものではなく、ほとんどわからない場合も多いと思います。ただ、「高級なパーツに交換する満足感」もあって、たとえ機能的には大差なくてもちょっと贅沢なアップグレード的改造としても(音の変化を感じなくても)楽しめるものなのではないかと思います。有名なOrange Dropやその他のオイルキャパシタなどその手の人気キャパシタは、もともとついていた小さなキャパシタに比べかなり大きく存在感があるためか、付け替えた回路を見てるだけで嬉しくなってきてしまうものです(私だけ?)。見えない部分の改造だけに自己満足度も高く、「音はよくなったハズ!」といった自己暗示度も高いかも。あるいは「見えないところにも気を使うのがホントーのおしゃれなんだぜ!」というのも当てはまるかもしれません(?)。

キャパシタ交換に機能的な意味での変化を求める場合はオイルとかフィルムとかセラミックといった種類だけでなく「容量」も変えてみると面白いと思います。例えばトーンを絞った際の音が「こもり過ぎ」だと感じるなら、容量が小さいものに交換するとこもり感の緩和が期待できます。NOS(New Old Stock、製造から年数が経過したもの)キャパシタに交換することで「高域の抜けが良くなった」という話がありますが、これは経年劣化によってそのキャパシタの容量が表示値よりも小さくなったことが一因になっているのではないかと思います。視点を変えるとオイルキャパシタなど旧世代のものは現在の主流に比べれば劣化しやすく、それによる音の変化もその味としてあるのかもしれません。

前置きが長くなりました。このキャパシタ比較君1号はキャパシタごとの「トーン機能の違い」を比較するために作ったものです。前から「面白そうだ」と思って部品だけは揃えてあったのですが、昨日配線に手を付けたSRVストラトのキャパシタが通常のストラトと違う容量で、「そのまま同じ容量のキャパシタ(0.022μF)にするか、それとも通常のストラトと同じ容量(0.047μF)に変更するか」を検討する必要が出て、良い機会なので昨日閉店後に突貫で製作。見た目はエフェクターですが、そんなたいそうなものではなく中身はスカスカです(笑)。要するにギターのトーン回路をエフェクター的に外付けにできるようにして、あとはギターの種類や比較するキャパシタを切り替えるスイッチなどです。2組のワニ口にそれぞれキャパシタをつないで適宜スイッチ操作すると上部のつまみがギターのトーン(ハイカットフィルター)として機能します。

中身はこんな。⇓

すかすかだ。もっと小さい箱でもよかった・・・

すかすかだ。もっと小さい箱でもよかった・・・

わざわざPOTのカバーにアース線を付ける配線にしてるのは通常のギターの回路とできるだけ同じ形にしたかったからですが、そこまでしなくても良かったかな?でも、こんな単純なものでも作ってみると面白いもんですね。エフェクターの自作する人の気持ちもわかります。

ところで「1号」というからには・・・当然「2号」の企画もあったりします。

コメント
  1. […] キャパシタ比較君1号 2015年8月9日 […]

  2. […] キャパシタ比較君1号 2015年8月9日 […]

  3. […] マスタートーンにはプッシュプルスイッチ付きのPOTを使用してノブを引っ張るとボリュームとトーンがバイパスします。これは演奏上のメリットを考えた機能ではなくて、以前作った外付けの機器を使って電気部品の比較実験を行うために追加した仕様です。キャパシタの比較や配線材の比較なんかに役立てようという目論見。 […]

  4. […] マスタートーンにはプッシュプルスイッチ付きのPOTを使用してノブを引っ張るとボリュームとトーンがバイパスします。これは演奏上のメリットを考えた機能ではなくて、以前作った外付けの機器を使って電気部品の比較実験を行うために追加した仕様です。キャパシタの比較や配線材の比較なんかに役立てようという目論見。 […]

  5. […] マスタートーンにはプッシュプルスイッチ付きのPOTを使用してノブを引っ張るとボリュームとトーンがバイパスします。これは演奏上のメリットを考えた機能ではなくて、以前作った外付けの機器を使って電気部品の比較実験を行うために追加した仕様です。キャパシタの比較や配線材の比較なんかに役立てようという目論見。 […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中