卒業ライブに使用するギター

Posted: 2015年3月13日 カテゴリー: ギターショップでの一日

この3月高校を卒業するお客様から「卒業ライブで使用するギター」を修理でお預かりしています。ここ一か月間は訳あってギターの仕事とは直接関係のないある作業に追われなければならず他の修理も含めてあまり時間をとれずにいました。

昨日、ようやくその訳ありのある作業に関することを一通りクリアしたので、今日から早速急ぎの修理案件から作業開始しました。

今回のこの卒業ライブ用ギター、持ち主様のご許可はいただいていないので写真は出せないのですが、最初は「ナット交換」の依頼で預かったものですが、いろいろ改造されている中でもともとのローラーナットの取り付け位置とナット部分の木部加工に難ありのものです。ローラーナットのRと指板のRもあっていないので単純に溝(というか、改造による木部加工でギブソンのように「ヘリ」になっています)を掘り下げて同じローラーナットをとりつけても1,6弦が高くなります。

そこでローラーナットではなく牛骨ナットで行くことにしたのですが、木部の補修が必要です。。締め切りは今月20日ですができるだけ早く仕上げるべく本日残業!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中