番外記事 2015年正月 赤岳登山レポート 後編

Posted: 2015年1月25日 カテゴリー: 登山

1日目は雪が散らつく天気だったが、2日目は予想とおり青空が出た。

翌日1月2日朝、予想通りの晴れ間がでた。

翌日1月2日朝、予想通りの晴れ間がでた。

7時前に朝食を済ませ、のんびり支度をする。テルモスに熱く甘い紅茶を沸かす。普通、登山というのは早出が基本で冬場でも天気が良ければ暗いうちから行動する登山者も多い。しかし、ここ八ヶ岳では冬季でも登山者が多く、ルートも比較的しっかりしている。今回宿泊した行者小屋や赤岳鉱泉に宿泊すれば、一つのピークを登頂して下山するだけの計画では行動時間に結構余裕が持てる。そんなわけで小屋前はまだ出発準備をしている登山者も多い。雲の流れから稜線上は強風だと確認できるが、この時期では普通のこと。昨日の疲れもない。実は当初の計画ではより短時間で登れる文三郎尾根で登り、同ルートを降りるとしていたが、新雪が積った後の晴天の地蔵尾根は非常に美しいので、地蔵尾根から登ることにする。

昨日同様、入念に準備運動を行う。これからの斜面に備えアイゼンを装着、ストックをやや短めにセット。7時50分に出発。

行者小屋を出てすぐに道は傾斜がきつくなってゆく。ただ、雪で踏み固められた道は岩や木の根が埋まってフラットにならされているので夏場より歩きやすい。締まった雪道をアイゼンを効かせてゆっくり登ってゆく。途中、切り立った場所にルートがついている部分ではより用心する。20分ほど登ったところで斜度もきつくなってきたのでストックからピッケルに持ち替える。もうすぐ森が切れて風が当たり始めるのに備えてのことだ。点在するダケカンバ以外、風をさえぎるものがなくなると予想以上に強い風が吹きつけてきた。気温が低い上に風が強いためか、思っていたよりも斜面についた雪が少ない。絵的にはもっと雪がついていた方がいい。そうなっていれば意地でもカメラを出して撮影するところだが、今回はカメラ出さずさっさと稜線に上がることにする。樹林帯を抜け、強風にさらされながらずんずん登ってゆく。吐く息でゴーグルに霜がつき視界が悪くなる。時々ゴーグルを外し霜をとるが、すぐにまた霜はついてしまう。露出している鼻と頬が冷風にさらされて痛くなってきた。凍傷にならないよう時々顔を手袋でこする。

耐風姿勢で風をやり過ごしながらずんずん登ってゆくとナイフリッジ上に細い踏み跡を渡らなければならない個所に出た。姿勢を確保するためにピッケルを刺す部分が心もとない。以前登った時にはこんな場所にトレースはなかったような気がするが、他に踏み跡がない。冬季は先行者が歩いた後がルートになりやすいが、誰かが正規ルートを外して歩いたのかもしれない。ここを超えると一登りですぐに稜線に出るところまで来ている。一旦トレース外して登ることも可能ではあるが、結構な斜度の尾根上で人が歩いていない雪を踏むのもリスキーだ。リッジは幸い短距離で強風が弱まったすきをついて一気に通り抜けてしまえると判断、意を決し、距離にして数メートルを風が弱まった瞬間に一気に渡り切る。思った通りピッケルがまったく頼りにならないので冷や汗が出た。渡りきるとすぐに風が吹きつけ、顔面が痛い。凍傷になる前に目出帽をかぶりたい。そこから稜線まではわずかで一気にこれを片付ける。顔面の露出部を手袋でさすりつつ、歩みを進めほどなく赤岳展望荘に到着。9時20分ごろだった。思いのほか風が強く、撮影はしないで一気に登ったので時間はだいぶ余裕がある。

展望荘に入る前にカメラを取り出し、横岳方面を撮影。

展望荘に入る前にカメラを取り出し、横岳方面を撮影。

休憩なしで一気に来たので赤岳展望荘で長めの休憩をとることにした。展望荘は数年前に一酸化炭素中毒が出てニュースになったことがあり、登山者でない人からは印象の悪い山小屋かもしれないが、厳冬期でも休日営業していて、登山者にとっては強風の稜線上でゆっくり休めるオアシスだ。アイゼンを外してから小屋に入り、小屋番に甘酒を注文する。ゴーグルについた霜を拭う。鼻の頭と頬は大丈夫そうだ。行動食のビスケットを甘酒でゆっくり溶かしながら食べる。うまい。20分ほど休んでから目出帽で顔面の露出部をなくして外に出る。ここから先も風にあたりっぱなしだが山頂までは残り30~40分といったところで時間はだいぶ余裕がある。のんびり写真をとりながら登ることにし、カメラを首にかけて出発する。

展望荘を出て少し歩いてから赤岳山頂方面を撮影。

展望荘を出て少し歩いてから赤岳山頂方面を撮影。

展望荘からしばらくは突風にあたりながら斜面を登ってゆく。ピッケルが効かせやすく、多少の突風はたいした苦にはならない。頂上までの標高差は200mくらい。時々足を止めて前方の赤岳を撮影する。シャッターが凍ってしまって中々下りない。頂へ向かうルート上に先行者が4人が見える。山頂付近は風が吹き付けるたびに雪煙が舞っている。

稜線上からは富士山も良く見える。

稜線上からは富士山も良く見える。

稜線上から諏訪側を望む。写真中央左に諏訪湖、その向こう山塊は中央アルプスだろう。

稜線上から諏訪側を望む。写真中央左に諏訪湖、その向こう山塊は中央アルプスだろう。

あとわずかで山頂神社に到着。

あとわずかで山頂神社に到着。

やはり風が強い。目出帽をかぶっているので顔面の凍傷の心配はないが、鼻と口の部分は凍っている。ゴーグルは相変わらず息でつく結露が凍り付いて霜になってしまい視界は狭い。

展望荘を出て40分ほど登ると赤岳山頂に到着。

展望荘を出て40分ほど登ると赤岳山頂に到着。

山頂着。標高2,899m。山頂には赤岳山頂神社がある。お賽銭を供えて今年一年頑張れることを祈願。

山頂から南側を見ると手前に権現、奥には南アルプスの山々が見える。

山頂から南側を見ると手前に権現、奥には南アルプスの山々が見える。

雪が多いときは上写真の左手前の露出してる岩も雪をかぶることがある。一度だけそのタイミングの時にここに来たことがある。それは美しい光景でもう一度見たいが今、それは次回以降の楽しみだ。

山頂回りの風の当たらないところでしばし休憩。テルモスに用意した甘い紅茶で糖分を補給する。休んでいる間に文三郎尾根から続々と登山者が山頂に到着。やはり地蔵尾根経由よりも文三郎尾根から登って来る登山者の方が多い。何組かに記念写真を頼まれる。20分ほど景色を堪能してから下りにとりかかかる。

下りに使う文三郎尾根は頂上から中岳への分岐までが核心部分。その間はカメラをザックにしまって慎重に下ることにする。その後、中岳の分岐から文三郎尾根の筋にでるまでのトラバース気味に下る部分は雪が多ければひょっとしたら小雪崩が起きやすいと想定していた。山に入る前に近くの山小屋のブログで最近湿雪が降ったことと、昨日までは気温が低くさらさらの雪が降っていたので、固まった湿雪の上で滑り落ちやすい粉雪がある程度積ると雪崩れやすくなる。フェイスブック上で八ヶ岳に行くことを記事にしたら以前の会社の同僚で登山者でもあるO氏からも「雪崩れる場所があるかも。要注意」とのコメントももらっていた。だが、ここまでの登りで思ったより雪はついていないかったので今回は大丈夫だ。

頂上から20分ほどピッケルを駆使して、ゆっくりと降りてゆく。斜度がある場所では後ろ向きになりしっかり支点を確保しながら下る。途中で先行者二人を追い抜いたが、山頂にはいなかった人だ。聞くと、文三郎尾根を登って頂上直下まで来ていたが、相方の力量から今回は登頂をあきらめて下りに転じたばかりという。二人はアンザイレンでお互いを確保しながらマイペースで下っているようだ。中岳との分岐までは先行させてもらってさっさと降りる。分岐までくればあとは難しいとところはない。カメラを出して今度はゆっくりと景色を楽しみながら歩みを進める。

中岳分岐から少し下ったところで分岐方面を振り返る。右奥に分岐の標識が見える。太陽がかなりまぶしいので、暗め設定で撮影。実際は雪面に光が反射してかなりまぶしい。

中岳分岐から少し下ったところで分岐方面を振り返る。右奥に分岐の標識が見える。太陽がかなりまぶしいので、暗め設定で撮影。実際は雪面に光が反射してかなりまぶしい。

ずんずん下りながら時々振り返ってさyシンをとる。左上の岩の上方に赤岳の山頂がある。

ずんずん下りながら時々振り返ってさyシンをとる。左上の岩の上方に赤岳の山頂がある。

文三郎尾根から横岳方面を望む。

文三郎尾根から横岳方面を望む。

さらに下って再び横岳方面を見る。赤矢印のところは登りに使った地蔵尾根の途中。登山者が3人取りついている。

さらに下って再び横岳方面を見る。赤矢印のところは登りに使った地蔵尾根の途中。登山者が3人取りついている。

文三郎尾根。登山者が多くトレースがはっきりしている。

文三郎尾根。登山者が多くトレースがはっきりしている。

下りに使った文三郎尾根は地蔵尾根に比べ登山者が多く、トレースもよりはっきりしていた。あっという間に樹林帯に入る。行者小屋につく少し前で降りてきた道を振り返った。

樹林帯まで下りてきた。

樹林帯まで下りてきた。

12時過ぎに行者小屋に到着。時間はだいぶ余裕があるので、大休止。目出帽脱ぎ、ピッケルをしまう。

時間に余裕があるので行動食ではなく、非常食に持ってきたラーメンを作って食す。帰りの荷物を軽くするためでもある。ペットボトルの水は半分凍っていたが、荷物を軽くしたいので無理やり割って使った。気温が低いせいか湯を沸かすのに15分ほどかかってしまった。

ザックにしまっていたペットボトルの水は凍っていた。

ザックにしまっていたペットボトルの水は凍っていた。

作ったラーメンもあっという間に冷めていってしまうので速攻ですする。でも残った汁はあっという間に凍ってしまった。

13時前にバス停に向けて下山開始。気持ちよく晴れているのでカメラを首から下げてシャッターを切りながら進む。

森が雪をかぶっていい具合。

森が雪をかぶっていい具合。

上の写真は行者小屋を出てしばらくの開けた場所で撮影。ここまで写真は満足したのでカメラをしまって下り道を急ぐ。

行者小屋を出てから休憩なしで一気に美濃戸山荘まで歩く。ここでアイゼンを外し、テルモスの紅茶を飲み干した。あとは美濃口のバス停まで一時間弱。バス停前の山荘で風呂にはいれる。ゆっくり風呂につかりたいので歩みを速めて40分ほどでバス停到着。

同じくらいに到着した登山者とともに風呂に入る。温泉ではないが、下山直後に風呂にはいれるのはありがたい。

さすがに予定の行程をすべて終えると疲れも感じるが、まだ余力がある。少し鍛え直せば縦走も行けそうだ。

新しく仕事を始めたばかりなのでこの正月の山行はぎりぎりまで実行を悩んでいたが、やはり行ってよかったと思う。ソロでの雪山は考える時間も多いし、一方で集中する瞬間も多い。「山を下りてからどうするか」と自分の考えを整理すると、これから取り組むべき方向性がはっきりしてくる。一方で難所越えの瞬間の気持ちの集中や、美しい景色はよい気分転換になる。自然相手の挑戦だから社会生活でのしがらみで行動制限しなくて済む。その中で味わえる「達成感」はシンプルで原点的なものに思える。来年も余裕があれば正月登山を計画したい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中