Chocolate Electronics Fat Distortionアツいのだ。

Posted: 2014年12月29日 カテゴリー: Effector
タグ:, , ,

熱いのだ。熱すぎるのだ!Chocolate ElectronicsのFat Distortionの話である。

⇓これだ

80年代から90年代初期頃のハードロックサウンドを生み出すFat Distortion、excellent!!

80年代から90年代初期頃のHR/HMを生み出すFat Distortion、excellent!!

実はここ一週間、毎日のようにコイツで遊んでいる。80~90’sのHR/HMはオイラのエレキ人生のルーツになるのだが、その中でもいわゆる「改造マーシャル+ハムバッキングピックアップ」的なドライブサウンドは同世代のギタリストが10人いたら10人が求めたサウンド。それがこのペダルで出せる。あとはクリーンなアンプがあればいいのだ。

「ギラギラのドライブサウンド」といってもボリュームを絞ったら分離がよいクリーンクランチになりピッキングのニュアンスも出しやすい。いわゆるBrown Sound的な方向性をねらったらしい。なるほど、ストラト+PAF系のハムバッキングではいわゆるBrown Soundが行けそうだ。オイラの場合はより歪を重視したピックアップでレスポールなどで遊んでみたのだが、その場合は名盤「serpens albus白蛇の紋章」や「Blue Murder」の頃のJohn Sykesのようなギラギラでありつつボトムが効いたメタリックディストーション。Trebleを高めにすると「Pornograffitti」の頃のNunoにもなる。80~90’sのHR/HMサウンドを幅広くカバーしてくれそうだ。

こんな音とか

こんな音とか

こんな音や

こんな音もいけるぞ。

ヘビィボトム系の弦だとなおブリブリブイブイな低音が出る。ワシはSykesやNunoが大好きなので毎日これでBad BoysやStill of the night、Decadance danceやPornograffitti的なものを延々と弾き続けてしまう。

スミマセン仕事します。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中