エフェクター展示スペース確保

Posted: 2014年11月28日 カテゴリー: Uncategorized, 内装

開店当初はギターだけだったのですが、エフェクターやアンプもぼちぼち入荷しています。先週までは適当な空きスペースに展示していたのですが、試奏用アンプの上に専用のスペースを確保しました。例によってSPF材で台を作ってその上に並べてみました。

DSCF2343

上段は大き目の機種の置き場所。といっても今は外箱もそこに置いちゃってますが・・・エフェクター増えたら外箱は別の場所に移動します・・・。

2段目はコンパクトサイズのエフェクター展示スペース。BOSSサイズだったら24台くらい置けます。現在の在庫はそんなにないのでスカスカな感じで置いてますが。

3段目は比較的小出力(と言ってもご家庭で鳴らすには爆音です)の試奏用のアンプ、Priceton ReverbとBlackstar HT-5TH。

一番下はその他収納スペース。小型のアンプが見えますが、これらも試奏用のアンプで、Phill Jonesのエレアコアンプとベースアンプ。

右に見えているマーシャルのキャビは近日出品予定のJCM800のスラントです。まずヘッド2台とキャビ2台を出品する予定です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中