開業に向けて 内装DIY ギター展示用の壁・雛壇制作⑥

Posted: 2014年5月24日 カテゴリー: 内装
タグ:,
ギター展示用の壁・雛壇完成イメージ。

ギター展示用の壁・雛壇完成イメージ。

ギター展示用の壁・雛壇の制作、佳境に入っています。今日までで主な部分の部品がほぼ出そろいました。ギター展示用の壁・雛壇制作⑤でも検討している通り、雛壇の足はすべて自分で2×4材を使って制作。高さが不揃いではガタついてしまうので、サイズをきっちり揃えました。自分で手持ちのノコギリとカンナ、サンダなどを駆使してやって結構苦労したのですが、今思えばホームセンターで材料を購入した時にカットもやってもらえばよかったです。1カット10円くらいですし、ホームセンターには専用の大型の電動工具がそろってますし。DIYを行う際は、こういったサービスもうまく使う方がいいですね。でも、それも自分でいろいろやってみて実感できることです。・・・壁の両サイドの支柱は2×4ですが、持ちやすさや、解体して移動することも考え、ボンドは使用せずビスで固定、模様替えなどで移動するときには必要に応じてある程度まで分解できるようにしました。最初に作っ2つの壁・雛壇はボンドとビスであらかじめ壁に支柱もがちがちに固定したのですが、これが持ち運びにくくて難儀した反省を盛り込んだ仕様です。

あとはカビないようにするための塗装、そして組立て本番です。組立の際は床から天井の高さに合わせるのに支柱の微調整も併せて行います。今日は他に調整必要な箇所がないか確認するためにまず下の写真のようにおおざっぱに仮組みしてみました。

壁仮組①

仮組み。

仮組み。横から見たところ。

仮組み正面からみたところ。

仮組み正面からみたところ。

 

微調整を終えて、仮組をばらして各パーツをクリア塗装して今日の作業を終了。塗装は全部合わせると結構な面積になります。4Lのウレタン塗料を用意しましたが、今日だけで3L位使いました。見えないところは省こうかとも思いましたが、むき出しにしといてカビや腐れが出てしまってから後悔したくないので裏表全面、支柱の接地面に至るまで塗装でしました。塗装だけで4時間くらいかかりました。刷毛塗りしたのですが、塗装作業も長時間やると結構疲れるものです。腕がガタガタになりました。あとは明日まで乾燥させて組立てです。

上写真には6枚の壁とその前に雛壇。反対側にも同じ構造の壁2枚と雛壇があります。かなり余裕をもってギターを並べた場合は40~50本くらいまで展示できるスペースになります。普通の楽器屋さんに詰めて並べれば2,3倍は置けると思いますが、最初は在庫も少ないですし、詰めこんだように並べたり、床にじかにたくさん並べるのはきれいでないですし、倒したりぶつけたりしやすいと思っているので、うまくいって在庫が増えてきたら展示スペースも改めて増やすかも。そうなると、壁の配置も変更する可能性が出てきますが、そのためにすべて移動可能なように作っています。でもその前にどんどん買取りしないとですね。並べる楽器がそろわないと・・・

どうぞ皆さん、ご不用のギター、ベース、エフェクター、アンプなどありましたら当店までお売りください!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中