2008年にLP-295というモデルが全世界1,000本限定で発売されました。当時GibsonはGuitar of the monthという企画で月ごとに限定モデルを発表していてその中の一つがLP-295です。

 

一見Bigsby搭載のGold Topレスポールですが・・・

LP-295。一見Bigsby搭載のGold Topレスポールですが・・・

ご覧のとおり、Gold TopのBigsby搭載レスポールです。このモデルに限らず「Bigsby搭載のレスポールの音はどうなんだ」というところに興味を持っている私には気になるモデル。でもどうせなら単にBigsby搭載というだけでなくてレスポールであることを保ちつつ個性を主張する「ナニカ」がほしい・・・その「ナニカ」を「ちょっとマニアックなルックス」で満たしてくれるのがこのLP-295です。宣伝文句では「ES-295の仕様を持ったレスポール」という感じなのですが、ES-295なんてマニアックなギターのデザインを取り入れているというとてもニクイ限定品なんですね。

マニアなギター ES-295

マニアなギター ES-295

ES-295というモデルはJazzギターの定番モデルES-175の亜種的モデルですが、狙ったジャンルはジャズではなくロカビリーとかカントリーとか「からっとしたサウンドの音楽」らしいです。P-90ピックアップ搭載、発表当時としては派手派手なGold Topです。ボディは175と同じですが、目立ち度が100倍くらい違いますね。ネット上の画像などを見るとBigsbyを載せている個体も多くみられます。あと手書きのフラワーペイントが入ったクリーム色のピックガードがいい味だしてます。

LP-295とES-295を比べると、違いとしてはヘッドの周りのバインディングの有無(これはES-295にはない仕様)、ピックアップが57lassic(ES-295はP-90)であること。

共通仕様はピックガードのフラワーペイント、ポジションマークのスプリットパラレルグラムインレイ、そしてGold Top。あと写真だと分かりにくいですが、カッタウェイの先端は普通のレスポールよりも鋭くとがっています。これ、ES-295と同じく「フローレンタインカッタウェイ」なんだそうです。写真で見た印象では普通のレスポールを見た印象とそれほど変わりませんが、実物を触るとナルホド先端がより鋭利になっていました。

実物を見てきたように言ってしまいましたが、実は所有していたりします(汗)。昨年末に手に入れているのですが、退職やら引っ越しやら開業の準備やらのドサクサでしばらく手元に置いておらず、まだ思いっきり弾いていないので、今のところ「憧れのギター」扱いです。新婚夫婦がいきなり別居しているような状況なんです(笑)。

さて話をカッタウェイに戻して・・・ご存じでない方のために説明しますと、ES-175でおなじみのカッタウェイの先端がとがっているヤツがいわゆる「フローレンタインカッウェイ」で、対して一般的なL-5CESやByrdlandにみられる丸いカッタウェイを「ベネチアンカッタウェイ」と言います。もっともL-5CESもByrdlandもフローレンタインのバージョンもあったりします。

 

ベネチアンカッタウェイのByrdland

ベネチアンカッタウェイのByrdland

フローレンタインカッタウェイのByrdland

フローレンタインカッタウェイのByrdland

 

さて、ここで疑問が生まれます。「じゃあ、普通のレスポールは『ベネチアン』なのか?」というツッコミですね。上の写真はByrdlandというモデルのフローレンタインバージョンとベネティアンバージョン。全然印象違いますね。でもノーマルレスポールは・・・

フツーのレスポール。ベネチアン・・・じゃないよね?

フツーのレスポール。ベネチアン・・・じゃないよね?

若干丸いですね・・・。でもByrdlandと比べると・・・「ベネチアン」ではないですよね。どちらかと言えばフローレンタインのような気も。まいっか。そもそもレスポールのカッタウェイがどっちかなんてどのレスポールモデルの仕様にも表示ないし。Lp-295ではよりフローレンタインにしてますよ!ということでいいのでしょう。

そんな何か半端だけど、マニア心をくすぐる仕様にも魅力を感じませんか?個性という点では満点でしょう?それにBigsbyもいいでしょう?しかも全世界限定1,000本のレア品・・・でも発売から6年たった今でも時々中古市場に出てきてますネ。マニアックすぎてコレクターズアイテム的な扱いをされやすいのか・・・プレイヤーで欲しがる人は少ない?でも、「個性的なBigsby搭載のレスポール」ってライブでも映えると思うんだけどなぁ・・・。

店がオープンしてから手元に戻す予定なので、演奏動画アップしたいと思います。できれば自分のアンプでノーマルレスポールと比べてみたりしたいですね。でもGibsonのレスポールは手持ちがない・・・。取りあえずラブロックと比較?でもトーカイとギブソンじゃ全然違うしな・・・。Gibson Les Paul Standardの買取り強化しようかな。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中