Modify8 :Raw Vintage Tremolo Spring

Posted: 2014年4月11日 カテゴリー: Modify
タグ:, , ,

RawVintage Spring

Raw Vintage Tremolo Springです。比較的低価格でストラトの音を変化させることができるお勧めアイテムです。

スプリングを成している針金の径はフェンダーのデフォルトのものよりも太いのですが、ばねとしてはフェンダーよりも柔らかくて、ライトゲージでも4,5本貼るのが前提になっています。ビンテージのストラトのスプリングを研究して作ったらしく、ビンテージギター用のリプレイスとしてもお勧めされていました。

私は2本のストラトにこのRaw Vintage Tremolo Springを導入しています。もう導入して5年以上にはなると思いますが、かなり気に入っています。

導入前は、「ばねだけでは少ししか変わらないだろう」と思っていたのですが、一聴してわかるほどの変化がありました。カスタムショップ60ストラトでは響きが豊かになったように強く感じられました。ネット上でレビューを探すと「リバーブ感が増した」という表現をされている方がいますが、その通りだと思います。また、アーミングがよリズムーズになったように感じています。もっともアーミングの変化については同じチューニングなら張力自体は同じでしょうからひょっとしたら気のせいかもしれません。ただ感覚的により細かいニュアンスはやりやすくなったと思います。私は当時すでにヘビィゲージを導入していたので元からスプリングは5本張りでしたが、このスプリングは一本のばねの強さはフェンダーのデフォルトよりも柔らかいのでハンガーを締める量が多くなります。012~060のゲージで、トレモロはフローティングではなく、アームダウンだけのべた付け設定でハンガーの締め込みが限界くらいです。フローティングならヘビィゲージでも余裕があります。

↓こちらはアームダウンのみのべたづけセッティング。ギリギリ。

60NOSSpring

 

↓こちらはフローティングのセッティング。少し余裕があります。

EJStRelic③

 

導入しているストラトはカスタムショップの60ストラト(Guitar1)とエリックジョンソンストラト(Guitar2)の二本。詳細は↓

https://heavygaugeguitars.wordpress.com/2013/05/06/heavy-gauge-guitar-1-fender-custom-shop-60s-stratocaster-n-o-s-2005/

https://heavygaugeguitars.wordpress.com/2013/05/13/heavy-gauge-guitar-2%ef%bc%9afender-usa-eric-johnson-stratocaster/

 

トレモロスプリングを変えることで音質は変わるのか・・・変わります。

KTSのチタンサドルもそうですが、こういったパーツは楽器自体は無改造で半田付けもなく取り付けられる手軽なものなので、あまり深く考えずに気分転換程度に替えてみて、気に入らなければ次の弦交換のときにでも元に戻せばよいという気楽さも良いところです。別の見方すればストラトはそういった楽しみ方もしやすいギターということでもありますね。

↓チタンサドルについてはこちらで。

https://heavygaugeguitars.wordpress.com/2014/01/27/kts-%e3%83%81%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%82%b5%e3%83%89%e3%83%ab/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中