Amp3:現代ハイゲイン多チャンネルアンプの功罪

Posted: 2014年4月6日 カテゴリー: Amplifier
タグ:

いきなりだが、「ハイゲイン多チャンネルアンプ」による悪影響ってあると思うのだ。

なんで最近のハイゲインアンプはあんなにスイッチをカチャカチャカチャカチャカチャカチャ踏んで音を変えるようになっているのだろう。スイッチ自体はツールの一つとしては良いのだが、スイッチを付けることが目的化してはいまいか。中には歪みの量を1チャンネルにつき3段階くらいで変えるのもフットスイッチで操作する機種もある。なんで歪の量までわざわざスイッチで変えるのだ。そんなに機械化してしまうと演奏も機械化しちゃうぞ。ワシだって今は足元にエフェクターの10個も並べてはいるが、基本の音ではそんなにカチャカチャカチャカチャカチャカチャカチャカチャやらんのだ。カチャカチャくらいだ。楽器の演奏で「スイッチを踏みまくる」というのはワシら年寄りからすれば異質なのだ。必要最小限にしていただきたい。

ハイゲインサウンドとクリーンサウンドをフットスイッチでチェンジすることに慣れている若手諸君は演奏が画一化してしまいがちではないかと心配している。これはアンプだけでなく、モデリング関係もそうだ。なんというか「レンジでチン」な感覚を覚えて気持ち悪いのだ。YouTubeで世界の腕自慢たちの演奏をよく見るのだが、ハイゲイン系のサウンドでタッピングやスィープを駆使しているすごいやつらがたくさんいる。だが、複雑なフレーズを高速で決めまくっている彼らを見ていて、時々「みんな画一的」に見えてきてしまう。ハイゲインだと軽いタッチでワーっと弾けてしまうところがあるが、それがピッキングの強弱によるニュアンス付けよりも「音数が多いフレーズを早く弾く」という部分ばかりに目が行きがちなのではないだろうか。

ワシと同世代以上のオッサンチームは心当たりがあると思うが、少なくともマーシャルでいうJCM800、少し妥協してJCM900位のアンプがスタジオで定番だったころはフルに歪ませてもまだピッキングの強弱で表情が大きく変わったし、クランチにセッティングしてギターのボリュームでの音色操作もしやすかった。しかし、JCM2000位からは「フットスイッチで音色をチェンジする」という多チャンネル前提になっていて、ハイゲインチャンネルはやたら歪む。その音だとメタルなスィープとかタッピングとかは決まりやすいが、何しろ一音一音の表情が乏しくなりがちだ。ボリューム操作やピッキングの強弱での音色コントロールから若者の意識が離れるようになった一因がこのことではないかと疑っているのだ。

 

いつの頃からかメタル系、ハードロック系の新人ギタリストに感激しなくなってきた。何故なのか考えてみたけどやっぱり「演奏技術が機械的になってきたから」と思えてしまう。

若いメタル系の連中の演奏がワシにとって面白くなくなった理由は、ピッキングが画一的で表情に乏しいからだ。ヤツラは速弾き、スイープやタッピングなどはめちゃくちゃ鮮やかに決めまくるし、そういう面でのテクニックはすごいが、フレーズの表情は乏しく、まるでプログラムされたとおりの演奏をこなすシーケンサーのように感じてしまう。ハイゲインにすればするほど、弱いピッキングでもイッチョマエの音になるが、反面強弱をつけてもサウンドには反映されにくい。ボリューム絞ってのクリーンもハイが落ちるししょぼくなる。スイッチでクリーンに切り替えるからそんな必要はないのかもしれない。

若者よ、イングヴェイがアルカトラスで初来日した時の映像を見るのだ。なんてクリーンなサウンドなんだ!と思うはずだ。今の基準でみれば歪は少ない。その中で彼の演奏が衝撃なのは速さだけでなくピッキングでの表情もしっかりしていたということに気付くのではないか。客席のおにーちゃんは昭和な感じでアレだが、演奏は現代の若手テクニカルメタルギタリストが束になってもかなわないぞ。

↑その映像。

↑その映像2。

http://www.amazon.co.jp/ALCATRAZZ-Parole-RockNRoll-Japan-1984-1-28/dp/B002WWLPZS/ref=sr_1_sc_1?ie=UTF8&qid=1396794605&sr=8-1-spell&keywords=alcatraz+live+84

↑気になったらDVDでじっくり観賞しませう。この頃のイングヴェイは音がとってもクリーン。

 

今回はちょっと悪口になっちまった。若いヤツラよすまぬ。現代ハイゲインアンプのメーカーの皆さんご容赦を。ワシはもう年なのじゃ。ゆるしてくれい。それに決して若いヤツラの音楽そのものが嫌いというわけではない。ワシはダウンチューニングでハイゲインサウンドでハラにずんずん来る若いヤツラのリフに新鮮なショックを覚えたし、そうしたバンドの曲は結構かっこいいと思っている。でも、ギターソロがワシにはツマランということだ。音楽なんだから最終的には好みの問題だけどネ。年を取ったってのも理由だろうしネ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中