ギター、アンプ、エフェクターの選び方①・・・「なんかいい感じ」を決め手にする

Posted: 2014年3月26日 カテゴリー: 雑言雑考
タグ:, , , ,

最近ちょくちょくYahoo知恵袋をのぞいて、自分が実践してきたことにかぶる質問に我が愚かなる私見を回答している。それを通じて楽器や機材を選ぶということについて「情報」が過剰に判断材料にされているように思えてきた。オイラ自身、選ぶ過程ではガリガリ情報収集するし、情報に踊らされていらん散財したりしてしまった過去がある。インターネットで情報が氾濫している現代、カタログ的情報だけでなく、「他人の評価」も情報としてあふれている。評価というのは他人の出した結論だから、結構説得力を感じたりする。そういったものに振り回されやすいと思うのだ。今回はソイツに振り回されず自分の感覚で選び出すというお話なんです。

↓コイツに振り回されないよーに!

pc3

 

最終的には常に自分の「感覚」にしたがって結論を決めるのが理想だ。「理屈は知らねーけど、コイツなんかいいじゃん」と感じるかどうかが分かれ目なわけである。例えば2台のエフェクターを比べてどちらが良いかを決めるとき「なんとなくこっちの方が好きな音」っていう感じで決めちゃうのだ。2機種間で差が全くないなんてことはめったにないが、「どっちもええんちゃう?」というくらいの差の場合もある。でも、そういう場合はどっちを選んだってまあまあ満足できるものだから、その場の感覚で決めていいじゃんね。逆に「アタシには二人のうちどっちかを選ぶなんてできないワ!」なんて昭和のドラマ風に両方選ばない(即決しない)というのもありじゃんね。

実際にギターやエフェクターなど機材を選ぶ場合、値段以外で特に重視するのは「見た目がよいか」「音は良いか」である。どちらか一方だけ重視するというヤロウはほとんどいないと思う。いたらゴメンネ。 ・・・つまり、この両方が大事なのだが、2つとも個人の感覚によるものであって、万人共通の数値的な基準はない。良悪の判断は感覚的なものなのだ。だから「なんかいい感じ」と感じる方を選べばよいと思っている。中には「僕は500Hz、2KHz付近の成分が強い音が好き」とかのたまう方々もいらっしゃるかもしれんが、ワタクシからするとそういった方々はちょっとキモチワルイ。好きにしていただきたい。 ・・・個々の楽器のもつ音響特性はそれぞれに個性があるものだし、同じモデル同士だって個体差がある。演奏の仕方でも変わるぞ。そもそも自分の理想の音響特性なんてその日の気分でカワルンジャナイノカネ?今日はレスポールな気分だけど、明日はストラトを弾きたいのだ。ストラトだけど、レスポール風な感じにも頑張って弾くと楽しいのだ。なんかよく分かんなくなってきたが、とにかく500Hz云々とかはどーでもいい。「なんかいい感じの音」であるかを感じ取るべきなのだ。

エラソーに述べたが、オイラ自身も結構情報に流されることがあるので今回のレポートは自戒のためでもある。要は「自分で考え、感じて決める」という当たり前のお話なのでした。

もう一つ大事なことを明文化しておきたい。

「決断したら、振り返らず」ということだ。それと、購入後に人に言われて「失敗だったかな」とか考えるのも控えたい。

感覚的に決定して選んだギターやエフェクター。使っていくうちに不満も出てくるものだ。それを次の検討に生かすのは当たり前だが、腕が上がれば感覚が磨かれ、見えなかったものが見えるようになるし、趣味も変化する。だから、この世界万能不変な一選択はないと言える。だから、不満が出ても即失敗ではないのだ。あるのはオイラ達プレイヤーとギターや機材たちの「個性」だ。それらとどう付き合ってゆくかなのだ。

人情として自分のギターや機材が世の中でどう評価されているかには興味を持ってしまうが、たとえ悪い評価を目にしたからと言って落ち込む必要はない。知恵袋には「友達からダサいっていわれて悩んでいます」的な質問が結構ある。周りの目が気になる気持ちはわかるが、どうかそんな意見は聞き流してくれい。感覚的に選べば最初のうちは理屈の後ろ盾がない分不安感もあるだろうが、それは経験によって塗りつぶされるのだ。ギターをうまくなるということは自分の感覚を磨くという事でもあるのだ。

下の写真はオイラのES-335。スタンダードなチェリーレッドではなくて、ナチュラルに惚れたので、最初からナチュラル狙いで探し歩いた。なんでナチュラルがいいと思ったのかはわからない。理屈ではなく感覚だ。数本のナチュラルの335を弾いて気に入った音も「どうしてその音を気に入ったのか」という理屈は考えていない。どーだっていい。単に気持ちイイ音だったのだ。楽器選びは感覚でいいのだ。

ES335①

ギター、アンプ、エフェクターの選び方②につづく。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中