EFFECTOR 4 :Xotic BB Preamp MB

Posted: 2014年2月26日 カテゴリー: Effector
タグ:

BBPreampMB

XoticのBB Preamp MB。主にゲインブースターとして他の歪みエフェクト(EFFECTOR 1 200lbsやEFFECTOR3のHT-Dual)の前段につなげて使用しています。写真のとおり、オーバードライブペダルでブーストさせるときの典型的なセッティングで使っていて、レベル大きめ、ゲイン少なめが基本です。こいつの前はノーマルのBB Preampを使用していましたが、MBはハイミッドの調整つまみが付いていて、より調整範囲が広いと思い発売と同時に買い換えました。音は全く同じではないと思いますがノーマルのBBと比べて違和感はなく、セッティングもノーマルのときとほぼ同様で使用しています。Mid Boostつまみはボリュームを絞ったクリーンのきらびやかさを稼ぐ時に上げ目にしたりします。また、家で練習する時、アンプの音量を十分に上げられないときにも少し上げています。音量が稼げないと抜けが悪くなりやすいですが、これでいくらか補正が効きます。

元々私はアンプの歪みを基本にしていてアンプとギターの間にブースター的に使うオーバードライブを一個だけつなぐスタイルで長いことやってきました。しかしここ数年で参加したバンドでたくさんのエフェクトを使う機会があり、大きなエフェクターボードを組んで、アンプはクリーンに設定、歪みもペダルが基本になりました。できればアンプの歪みという感覚は変わってはいないのですが、一度ボードを組んでしまうと外すのは面倒だし、完璧な音にしなくてもある満足に遊べるので、現在も歪みペダルが基本です。BlackstarHT-Dualをクランチ設定でプリアンプに見立てて常にOn、ギター側のボリュームでクリーン~クランチをコントロールし、必要に応じてBB Preamp MBでゲインブースとしています。

 

実は近々引っ越しの予定で、この機会に小出力の真空管アンプを入れる予定。そうなったら家ではアンプの歪みに戻るかもしれません。そうなってもこのBB Preamp MBをブースターにして使うことになると思います。

 

BB Preampはオーバードライブとしてもなかなか優秀だと思います。歪みの質はアンプ的でやはりギターのボリュームに良く反応します。「BB」というのはMarshallのBlues Breakerという意味らしいです。

↓やっぱり事前にここのYouTubeを参考にしました。

↓このgeamandudeさんもいつも参考にしていました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中