太い弦と言えばこの人、SRV。私も影響を受けました。ギターマガジン2013年3月号の特集記事によれば愛用の弦はghsニッケルロッカーズの1弦を012か013に替えて使用、1弦から013(or012)、015、019、028、038、058です。ギターマガジンでは2007年8月号でもSRV特集がありました。そこでは本人のインタビュー記事があるのですが、そこでSRVはストラトの弦について「1弦013、2弦015か016、これはギターによって変える。3弦が019プレーン,4弦が028、5弦038、6弦060か056だ。」と答えています。さらに、ヤングギター誌の別冊「天才ギタリストスティーヴィーレイボーン」に掲載されている本人インタビューでは「昔は1弦018だった」との証言も…。マジでしょうか?そのテンションに合わせたトレモロスプリングは特注になってしまうんじゃないでしょうか?恐れ入ります。このほか、情報ソースは忘れてしまいましたが、確か。クスリやルコールで苦労していた頃(3rdアルバムの頃だったかと思います。)に、1弦011に落としていたとの話があったと思います。さすがにその頃は体がぼろぼろでハードテンションでは弾きこなせなかったのでしょうか…。

ghs_1300←コイツの1弦を013に交換していた。

ところで、ダダリオのEXL145は1弦から012、016、020、032、042、054です。以前別のレポートにゲージ毎のテンションの表を載せましたが、その値はネックの中心の弦(3,4弦)が外側の弦よりもハードテンションでした。SRVの場合は2~5弦はダダリオEXL145よりも細めの弦になっています。

(「Strings:弦の種類・太さによるテンションの違いをみる」参照)

ひょっとしたら、無意識のうちに各弦のテンションをそろえていた?…と一瞬考えましたが、おそらくこの仮説は×です。

SRVの曲を練習していると、指で弦を引き上げて指板に叩きつけるようにビシバシ弾く奏法を良くやっていることに気づきます。「パンチング」というのだと思いますが、特に1弦と6弦でやっているように聞こえます。この奏法は太い弦の方が気持ちよくできるので、1弦や6弦を特に太くしていたのではないかと想像しています。そう考えると「昔は1弦018」という証言も納得できる余地が生まれます。1弦だけ極端に太くする分には特注のスプリングにしなくてもできそうですし。

もうひとつ太い弦にしていた理由として考えられることは「弾きごたえ」です。私もそうなのですが、一度太い弦で慣れてしまうと、ライトゲージでは物足りなくなります。あそこまで弾きまくっていたSRVですから、当然ギターを弾くこと自体が大好きで、なおかつ、もっともっとうまくなりたいという欲求も強かったと思います。その表れが「わざわざ太い弦で弾き倒す」という行為に現れていたのではないでしょうか。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中