Modify2:KTS チタンサドル

Posted: 2014年1月27日 カテゴリー: Modify
タグ:, ,

EJSTSaddle

KTSチタンサドルです。私は2本のストラトと、トーカイレスポールでも使用しています。音の傾向は耳に痛くない倍音が増える、あるいは、余計な倍音が整理されるような感じで、私としては「きれいな音」と感じます。人によっては高域重視になると感じるかもしれません。イマイチ鳴りに満足できない楽器の場合は、鳴りを豊かにする効果を感じました。一方、元々鳴りが良い楽器にあえて導入しても効果はあまり感じなかったので、弦の振動をボディの鳴りにうまく作用させる効果があるのではないかと思っています。

KTSチタンサドル左チタンサドル、右Fender純正

見た目はメッキなしで、鈍い質感が渋いです。ストラト用の場合、弦を通す穴がFender純正に比べて長くとられています。これによって弦の摩擦を減らすという効果があるのかもしれません。

欠点も一つだけあります。ストラト用の場合ですが、しばらく使っていると、サドルの弦が乗る部分に弦の痕が溝状についてきて、その溝跡のせいかで弦が切れるようになることがありました。上の写真のチタンサドルは実は2代目で、導入してからしばらくしてから(当時はダダリオEXL145を使用)特に4弦でそうした症状が出てきました。だましだまし使っていましたが、5弦や3弦も切れやすくなってきたのでやむなく交換。その後は全く切れなくなりました。よく切れていた頃との違いはトレモロのセッティングです。以前はアームダウンのみのべた付けだったのですが、最近はフローティングにしています。トレモロのセッティングでチタンサドルの摩耗が変わるのでしょうか。チョーキングのときにサドルにかかる力に少しクッションがかかるから?

製造元のKTSさんのウェヴサイトにチタンサドルの音に対する効果や開発状況などが紹介されています。かなりこだわって作られていて、「いかにも日本人らしい仕事だな」と思います。それと、前述の「弦が切れる」ということについて、しっかり把握されていて、その欠点を一般にさらした上で対策品も開発しているところ、すごく感心な会社です。これからもがんばってほしいです。KTSさんを応援します!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中