ギター騒音問題42W

Posted: 2014年1月15日 カテゴリー: 雑言雑考
タグ:, , ,

ほしいのです。防音室が。でも高すぎるぞ。

ネットで関連情報を漁ってみたんですが、防音性能を追求すれば、防音壁の重量が重くなり、部屋に入れるのにも無理が生じるそうです。音が漏れなければ良い訳ではなく、楽器の演奏をするのにある程度の心地よさをもった響きが得られないとダメなので、反響のコントロールなど、各メーカーそれぞれ考えていて高くなるのもうなずけます。防音性能が一番低いタイプでもウン十万円当たり前の世界。

本題です。

「ギターうるせい!」と苦情をいただいてしまったのです。もう数か月前のことですが…

昨年夏ごろからYouTubeにHeavy Gaugeを張ったエレキの演奏動画をアップしていましたが、実は8月末くらいに苦情をいただいてしまいました。住んでるマンションの仲介業者経由で来たので、どのご近所さんかはわかりませんが、申し訳ありませぬ。

当時はマンション8階の自室で撮影、アンプはBlackstar Artisan 30WとFender Princeton Reverb 12Wの2台合わせて 42Wを鳴らして音はMTRで録音、映像は一眼レフで撮影、後からmovie makerで合わせるという手法を取っていました。エレキを気持ちよく鳴らすためにはある程度の音量が必要なのですが、それまでは同じ機材で弾いていても苦情をもらったことはなく、あまり気にせず作業を進めていて、油断がありました。

迷惑をかけた以上、しばらく自粛が筋ってもんです。なので、今日にいたるまで家ではアンプ未使用。

直後は、練習スタジオに行って撮影してみたのですが、暗い映像で、音もイマイチ、ドラムのシンバルがキャンキャン共鳴するで、めんどいので諦めました。その後今日にいたるまで動画アップロードは見送ってきています。小音量で行けそうなヤマハのモデリングアンプも試したけど、Artisan30とPrinceton Reverb合わせて42Wに慣れてしまった耳には物足りぬ。とはいえ、最後の動画アップロードから大分間が空いてしまっているのでそろそろできる範囲で再開したいと思っています。もともとアクセスがチョー少ない我が動画達、あんまりほっとくと、アクセスの伸びも完全停止、呼吸停止、死ニイタッテシマウので、ここらで仲間を増やしてやりたいのです。とりあえず、近いうちにフラットトップのアコギやフルアコでソロギターなどをやってみるつもりです。アコギのHeavy Gaugeにも挑戦しているのでそれも兼ねて。ウチのお向かいさんは地元楽団所属のバイオリニストの方なんですが、一度「私の練習の音聞こえます?うるさかったらごめんなさい」と聞かれたことがありました。でもぜんぜん聞こえないですよー。なんで、生の弦楽器程度なら大丈夫でしょう。いや、Heavy Gaugeだとうっせーかな?少し心配なので、激しいストロークは無しの曲で、まずは様子見兼ねて練習中。

今思いついた。Heavy Gaugeは生音がでかいので、エレキで敢えてアンプを通さずにライトゲージとの生音比較なんかもいいかもしれません。下手にアンプ通すより違いが感じられそうです。要検討。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中