Guitar 4 : K. Yairi YD-62E

Posted: 2013年5月15日 カテゴリー: Guitars
タグ:,

YD62E

学生のころにいろいろなメーカーの品と弾き比べて選び出したK Yairi YD-62Eです。トップのみシダー単板で、サイド、バックはマホガニー合板です。鳴りは非常に良く弾き比べた中で群を抜いていました。入手から20年後の今、さらに鳴りが冴えてきています。確か輸出仕様だったと思います。リッチーブラックモアやイングヴェイが似た型のK Yairiを持っているのを雑誌で見たことがありました。今はもう生産されていないようです。

ej17

弦はD’AddarioのPhosphor Bronze Round Woundのミディアムゲージ(013,017,026,035,045,056)を使用しています。

アコギの場合は元々エレキよりも弦が太いので、あまり太さの追求はしていないのですが、いずれヘヴィゲージ↓も試してレポートしたいと思います。どんな感じなんでしょうか。想像するだけで指が痛くなってきます。

ej18

2014年1月4日追記

Heavy Gauge試してみました。1弦から014,018,027,039,049,059です。音ですが、音域については大きな変化ではありませんが、前に張っていたMedium gaugeよりも広がりがあるように感じました。あくまで印象ですが、倍音のきらびやかさが増したように感じています。新しい弦はきらびやかな感じはよく出るものですが、今日で張りかえて4日目で、まだ劣化は感じません。これがゲージの違いによるものか、新しいためかはわかりませんが、気持ちよい音ではあります。また、音量が以前より大きくなったようにも感じました。

弾き心地については、やはり弦のテンションが高まって弾きにくくなりました。指がチョー痛いです(T.T)。セーハしたときに音が詰まる弦があるのと、指を入れ替えるコードチェンジの場合に、指の動きが間に合いません。動画をアップするまでには少し練習が必要です。力加減を把握して特に低音弦の鳴りをコントロールするのにも練習が要りそうです。しばし初心者に戻った感じです。

しばらくこの弦で弾きこんでみてから動画をアップしたいと思います。

コメント
  1. […] 買取のお客様などの待ち時間用に、本(もちろんギター誌)をいくつか用意しているのですが、待ってる間ギターを楽しんでもらえればと思い、アコギも1本置いてあります。だいぶ前に当ブログでも紹介しているK.YairiのYD62Eです。大学時代から愛用している一本で、売り物ではないですが、当店のメンツなのご紹介です。 […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中